Categories: 暗号資産

ETHのネットワーク利用率が97.33%に!

Ethereum、今やばいことになってます。

ネットワークの利用率が97.33%になっています!

https://etherscan.io/chart/networkutilization

みんな「DeFi DeFi!」って叫びながら、

ERC20トークン作りまくったり、分散取引所でトレードしまくったり、送信しまくったりしているってことですよね。

ネットワークコンジェスチョン、起こってきますよね、これから。

下のニュースでは今年の11月にEthereum 2.0が出るとか出ないとか言ってます。

https://decrypt.co/41664/ethereum-2-0-on-track-for-november-launch-says-dev

現在のイーサリアムブロックチェーンは、1秒あたり約14のトランザクションをサポートしています。

だから、めちゃくちゃ混雑してしまう。

でも、上のニュースサイトにも書いてありましたが、Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterin氏は、新しいバージョンのブロックチェーン (Ethereum 2.0)では最終的にトランザクション速度が毎秒100,000に向上すると主張しているようです。

それに、ブロックチェーンの種類をエネルギーを使いまくるproof of work型からproof of stake型に変えるようです。

なるほど。

早く来て欲しいものですね。

じゃないと、2018年辺りにビットコインで起きたネットワークコンジェスチョンと同じような感じになりますよね。

暗号資産ユーザーがあれから増えているから、それ以上になる可能性もありますよね。

とにかく、ブロックチェーンが新しくなったら、スケールするようになって、手数料も下がり、みんなが高らかに叫んでいる「DeFi」の未来が急激に身近なものになるかも知れませんね。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら