従来型の仮想通貨取引所は二つの機能を持ちます。それは下記になります。

・ゲートウェイ機能: Fiat/仮想通貨を送ったり、受け取る機能
・オーダーブックの構築と注文のマッチング

どちらの機能にもカウンターパーティ・リスクが伴いますが、ゲートウェイ機能に関しては引き出しをなるべく早く行えば、カウンターパーティ・リスクに晒される時間は取引所が送金の処理を行い、資金を受け取るまでの間に限定されます。

しかし、リスクが最も高いのは2つ目のオーダーブックの構築するという機能の方です。

取引所はオーダーブックを構築するために、多くの参加者からFiat/仮想通貨を預かっています。これらの資金は参加者の注文が約定するまでの間、取引所は大切に保管しなければなりません。

これらの資金が取引所にプールされていることが外部から分かっていることから、ハッカーのターゲットになりやすいのです。また、取引所のインサイダーがプールの資金を持って逃げ出してしまうことも考えられるので、取引所が誠心誠意努力していることを信用するしかないのです。

そのため、注文が約定するまでの間は、常に資金がなくならないかどうかを心配しなくてはなりません。つまり、従来型の取引所は利用するだけで本質的リスクが無期限でつきまとうのです。

この問題を解決すべく世界中の開発者が日々しのぎを削っています。

BitSharesのようにDecentralized exchangeを標準搭載した仮想通貨が開発されたり、取引所を介さずに交換を可能にするサービスが登場しています。

Decentralized exchangeの必要性や素晴らしさは別の記事で取り上げていますので、今回は後者の取引所を介さずに交換を可能にするサービスを紹介していきます。この技術は仮想通貨の世界のブレイクスルーになり得るので覚えておいた方が良いでしょう。

私がおすすめするサービスはShapeshift.iometaexchangeの二つです。どちらもゲートウェイ・サービスと呼ばれているもので、取引所ではなく、仮想通貨間の交換所です。

Shapeshift.ioは様々な種類の仮想通貨間を交換することが可能で、metaexchangeはBitcoinとBTS/BitAssetの交換に特化しています。

これらのサービスは従来型の仮想通貨取引所とは違い、ゲートウェイ機能のみを搭載しているため、アカウント作成なしで、指定されたアドレスに対応した仮想通貨を送るだけで、仮想通貨間の交換が可能です。スプレッド(bidとaskの価格差)を設けて利益を出しているので、隠れた費用は基本的にありません。

ゲートウェイサービスは従来型の仮想通貨取引所のようなオーダーブックは一切構築していないので、ユーザーの資金をキープする必要はなく、トランザクションを淡々とこなしていくタイプのサービスです。

オーダーブックを構築している取引所の場合、外部の攻撃にやられたら、その影響範囲は最悪の場合全ユーザーに及びますが、ゲートウェイサービスではそのようなことはありません。攻撃の影響範囲は個別のトランザクション単位に限定されるのです。

また、ゲートウェイを利用している間のわずかな時間はカウンターパーティ・リスクに晒されますが、取引所のオーダーブックに発注している間にずっと掛かり続けるカウンターパーティ・リスクと比べると、格段に短いです。

私が実際にShapeshift.ioを使ってビットコインをBitSharesに交換したときには大体3分くらいでトランザクションが完了しました。トランザクションがあまり早くないと言われているビットコインでさえ数分以内に完了するので、ビットコイン以外の組み合わせならば、取引時間をさらに短くしていくことが今後可能になるでしょう。

Shapeshift.ioやmetaexchangeのAPIをウォレットに積んだら、ウォレットから直接仮想通貨間を交換できるようなウォレットを作ることができます。この技術の可能性は無限大です。

Shapeshift.ioもMetaexchangeもどちらも非常に優れたサービスなので、おすすめです。