Categories: 暗号資産

FirefoxとChrome用のBinance Chain Extensionがあるよ。

BinanceFirefoxChrome用にBinance Chain Extensionを出しました。

どちらも提供元がBinance Chainであることを確認しましょう。

これをインストールすると、ウォレットをブラウザに追加することができます。

Binance Chain WalletではBinance ChainとBinance Smart Chainの両方にアクセスすることができます。

Binance Chainはbnb1から始まる受信アドレスです。

Binance Smart Chainは0xから始まる受信アドレスです。0xから始まるということは将来的にEthereumチェーンと互換性を持たせるように設計したということです。(この記事の執筆時はまだEthereumチェーンとは互換性はないようです)

Binance ChainとBinance Smart Chainの間ではクロスチェーントランスファー(異なる二つのブロックチェーン間で暗号資産を送受信する機能)が元々付いています。

それをBinance Chain Walletを使えば、クロスチェーントランスファーが実際に出来ちゃいます。

トークンをBinance ChainからBinance Smart Chainに送ったり、Binance Smart ChainからBinance Chainに送ったりすることができます。送付する際、GASとして少量のBNBが必要となりますので、そこは覚えておきましょう。

また、余談ですが、Trust Walletで作成したウォレットのリカバリーフレーズを入れてBinance Chain Extensionにリカバリーしたり、Binance Chain Extensionで作成したウォレットのリカバリーフレーズを入れてTrust Walletにリカバリーするようなことができます。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら