Categories: コラム

Fractional reserve banking(部分準備銀行制度)とは何か

銀行では実際にreserve(準備)しているお金よりもずっと多いお金を貸し出しに回しています。
準備率を10%だとすると、100万円の預金があったときに10万円は準備として取っておき、90万円は貸し出されることになります。
このように、銀行が準備しているお金よりも多くのお金を業務に利用していることをfractional reserve banking(部分準備銀行制度)と言います。
この90万円を借りた人は何かの支払いに使い、その90万円を受け取ったカウンターパーティはその現金を再度銀行に預けるわけですから、この時点でお金が一周して銀行にお金が戻ってきたということになります。
この90万円の10%である9万円は準備金として取っておき、残りの81万円は再度貸し出されます。
このサイクルがずっと回り続けることで、最初にあった100万円の預金から何百万円ものお金が無から作られ、人々に貸し出されていくわけです。このように準備しているお金よりも多くのお金が無から作られることを信用創造と言います。
これは銀行は慢性的にinsolvent(支払い能力のない状態)の状態で運営しているということと同意義です。
つまり、取り付け騒ぎが起きて、預金の引き出しが一斉に行われたら、現金が手元になく支払い能力を超過してしまうため、銀行は簡単に潰れてしまうことになります。
結局これは人の無知を利用した不正なシステムだと言えるわけです。
椅子取りゲームで音楽が鳴っている間は人々は安心してしますが、音楽を止めたら人数分の椅子がそもそもないことに人々は氣づいてしまうわけです。
音楽を止めたら、誰かが必ず負け、パニックが起きるから、音楽を止めないまま運営している自転車操業的なシステムなのです。
銀行は実際に保有している準備金よりもずっとずっと多くのお金を人々に貸して儲けているのです。
銀行を利用するときは、このような自転車操業的なシステムを採用していることを理解した上で利用しましょう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら