暗号資産のネットワークに接続するコンピュータをノードと呼び、その暗号資産のルールを完全に実施するノードをフルノードと言います。
フルノードと呼ばれるコンピューターは該当の暗号資産の過去から現在にかけて行われてきた全てのトランザクションをファイルとして保有していて、そのファイルを世界中に散らばっている他のコンピューター(同じくフルノード)とファイル共有していることから、暗号資産の「完全データ」が世界中に分散されています。この分散型の仕組みをブロックチェーンと呼び、フルノードはブロックチェーン(ネットワーク)のバックボーンとなるのです。