先物取引を簡単に言ってしまえば「契約」です。
どんな契約かというと、金融商品の「いま」の値段を使って「将来」必ず売買しますという契約なのです。
金融商品は何を対象としても良いのです。原油でも金(ゴールド)でも株価指数でも天候でもビットコインでも良いのです。