お金持ちの習慣・行動

荷物を減らし、必要なものだけを残す

お金持ちは払ったお金より価値があると思うものしか買いません。そのため、無駄な物は徹底的に排除しようとします。

将来に無駄な物を買わないようにするのはもちろんのこと、過去に買ったものに対しても見直しを行います。

過去のステージで積み上げてきた荷物は現在のステージでは不要な物になっているかも知れないからです。

お金持ちになる人はそういう過去の必要ない物を処分し、過去にカタをつけるようにします。整理整頓には過去にカタをつける意味があることから、人はそれを片付けと呼ぶのです。

逆に捨てられない性分で部屋の中が使えないもので溢れかえってしまう人は、いままで自分と向き合ってこなかった証拠が形として表に出てしまっています。

部屋の汚さは心を映し出す鏡です。自分と向き合うのを避けてきたり、雑念が多いと、どうしても部屋が要らないもので埋めつくされてしまい、結果的に部屋が散らかってしまうのです。

そういう人は一念発起して自分と向き合う決意をしてください。「明日にしよう」ではなく、今日決意するようにしましょう。

明日になったら忘れてしまいますし、思い出したとしてもまた簡単に先延ばしをしてしまうからです。

ですから、思い立ったが吉日、今日やりましょう。今日やらないと一生やる日は来ない、つまりお金持ちになる日を自分から進んで先延ばしにしているということを覚えておいてください。

自分と向き合い、要らないものは全て捨て、本当に必要なものだけを残すことで、あなたにとって本当に大切なものが何だったのかが不思議なくらいクリアになります。

すると、浪費が減ります。浪費が減れば貯金が増えます。貯金が増えたらそのお金を投資(資産を買う)に回せるようになります。投資額を早いうちから積み上げれば積み上げるほど、複利の効果を有効に使うことができるのです。

部屋の中は最終的にシンプルに仕上げるといいでしょう。床の上にはもちろんのこと、テーブルの上にはティッシュボックス以外は何もないくらいが丁度良いのです。

シンプル・イズ・ベストです。