Categories: コラム

Grapheneベースのブロックチェーンの優位性

BitSharesGrapheneという名のブロックチェーンを使っている。

他にもSteemEOSなどもGrapheneベースのブロックチェーンが使われている。
だからBitShares、Steem、EOSはすごい。
これらのブロックチェーンはThroughput and Latencyの観点から言って、スケーラビリティが半端ないし、スピードも半端ない。
ブロックチェーンのアクティビティを見ても、Grapheneベースのブロックチェーンが上位を独占している。

BitSharesのTechnologyのページを見ると、

Graphene is capable of 100,000 TPS when we pay for the network to go with it

It can handle the trading volume of the NASDAQ, while settling orders the second you submit them.

とある。
つまり、人が増えても、NASDAQ級のトレードボリュームでさえさばけるから大丈夫だとということ。
ビットコインは2017〜2018年頃にかけて、すごく遅くなったことがあった。
それはビットコインが短期的に需要が高くなって、多くの人がビットコインのネットワークで資金を転送していたから、
ビットコインのネットワークがすごく混雑してしまって、
ビットコインが届くまでにすごく時間がかかったり、手数料が半端なく上がるということがあった。(そもそもBitSharesの場合はユーザー間の送金は1秒しかかからない)
だからこそ、「ビットコインはスケーラブルじゃない」とか言って、ビットコインキャッシュのようなプロジェクトができてハードフォークしちゃったんだけれど、
結局はビットコインやイーサリウムのブロックチェーンってひと世代遅いってわけなのさ。
まとめると、Grapheneベースのブロックチェーンを使っているクリプトプロジェクトはスケーラブルであり、なおかつスピードが次世代だから他のブロックチェーンに比べて優位性があるということだ。
やっぱりスケーラブルなのか、そしてサステイナブルなのかどうか、それを最初に把握しておくことは大切だ。
じゃないと、ビットコインのように後から「スケーラブルじゃないからサステイナブルじゃない!」みたいな感じになって、色々と意見が割れるようになる。
でも既にコインが広まっちゃっているから、本線を分裂させずに軌道修正させるのがどんどん大変になってくる。
スケーラブルなのか、そしてサステイナブルなのか、これを最初に見極めるのが大切だと思う。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら