お金持ちへの道

時給を上げることにフォーカスしてから金融資産に投資する

資産を形成していくに当たって、特に初期段階において大切なことは、毎月どれだけ多くの金額を投資に回せるかが鍵となります。

つまり、投資元本をいかに増やしていくかを先に考える必要があります。お金を投資に回すためには収入を増やすか、支出を減らすのどちらかが必ず必要になります。

今回は収入を増やしていくことにフォーカスを当てていこうと思います。

本質的な富と物理的な富の関係

富には二つの種類があります。一つは本質的な富でもう一つは物理的な富があります。収入を増やすためのキーポイントとしてはいかに本質的な富を伸ばしていくかにあります。

本質的な富とはあなたの内に秘めている無形の財産のことです。天賦の才とも言うことができます。全ての人間は本質的な富を内に秘めています。十人十色という言葉があるように、それぞれの人が持っている本質的な富は違います。

本質的な富はそれぞれの人が生まれもった才能や修得したスキルや知識などの能力の集大成です。

お金を稼ぐことを簡単に言ってしまえば、あなたの中にある本質的な富を物理的な富に変換させる作業そのものです。

資本主義の世界では、他の人にはできない能力を持つほど大きな価値があるとされ、より大きな物理的な富に変換することができます。

つまり、稼ぐにはいかにあなたの中にある本質的な富に磨きをかける(極める)かにかかっています。「自分自身に投資し、将来の何百倍、何千倍のリターンを得る」、そのように考える必要があるのです。

本質的な富に早く気づいて早く磨きをかけた人ほど時給が高くなります。逆に本質的な富に気づかない人や磨きをかけない人の時給は低くなります。

例えば、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの年収は所属するレアル・マドリードから年俸として4900万ドルを受け取り、ナイキやサムソン、エミレーツ航空などのスポンサーからの収入で2400万ドルを受け取り、合計7300万ドルの年収を得ました(2012-2013シーズン)。

クリスティアーノ・ロナウドがここまで稼げる理由はただ一つ、本質的な富を磨くために何十年も自己投資したからに他なりません

本質的な富を育てるためには「時間を投資」する必要があります。分野によっては「お金の投資」も併せて必要な場合があります。

クリスティアーノ・ロナウドのように一つのことを極め、さらにその分野の需要が高ければ、莫大な年収を一代で稼ぐことができます。

ここで落ち込まないでください。あなたにも本質的な富は必ずあります。好きなことや得意なことはあまりにも自然にできてしまうものなので、自分では気付きにくいという特徴がありますが、よく観察すればあなたの中にも必ずあります。

今まで生きてきた中で知ったこと、やったこと、感じたこと、それこそがあなたの中にある本質的な富です。それを磨いていくことが重要なのです。

時給を上げた後、金融資産に投資すると効率が良い

あなたの本質的な富とあなたが現在の金融資産を比べてみてください。多くの人は本質的な富の方が大きいという状況ではないでしょうか。

それはあなたが今まで培ってきた本質的な富を物理的な富に変換しきれていないからです。お金持ちになるには、まずあなたの中に本質的な富があることに気づき、次に本質的な富を磨き、そして物理的な富に変換していくことが必要です。

本質的な富を磨くことに投資して、うまくいけば、あなたの時給を上げることができます。そしてあなたの時給が上がれば、金融資産を増やすための軍資金を蓄えることができます。

もちろん、クリスティアーノ・ロナウドみたいに莫大な年収を稼ぐことができれば金融資産を増やすようなことはしなくても生きていけるでしょうが、本質的な富を磨くことで得たお金を金融資産へ投資すれば、さらに大きく増やしていくことができる、とここでは言いたいのです。

資産への投資は不労所得を呼ぶ

資産へ投資することは本質的な富の物理的な富に変換する作業とは考え方が異なります。

資産へ投資すればお金があなたのために働いてくれます。つまり、あなたが働かなくてもお金が働いてくれるので、お金がお金を呼び、不労所得を得ることができるようになります。

ただし、金融資産への投資を効率良く行うためには大きな元手が必要になりますから、そのための種銭作りにまずは集中しないといけません。

すると、本質的な富を磨き、時給を上げることをいかに早い段階で行うことができるかという話に戻ります。

資産を形成していく初期段階では、本質的な富を磨くことに投資をして、まずはあなたの時給を上げる。そして、時給が上がったら金融資産に投資を行ってください。これが王道であり、最も効率がいいです。

資産形成の初期段階でまだ物理的な富が少ないうちに金融資産に投資しても不労所得の伸びはとても遅いのです。そのため、まずは本質的な富を磨いて時給を上げ、種銭を作ってください。

もちろん、少ない投資額でも金融資産に投資することは始めておいた方が良いです。なぜなら、自分のお金を実際にリスクすることによって投資の本質を学ぶことができるからです。

種銭ができた頃には金融資産への投資の感覚が身についているというのが理想です。

まとめ

お金持ちになるには本質的な富に投資し、時給を上げ、稼いだお金は金融資産に投資することです。

資産を形成するためには時間とお金を効率よく配分することが必要です。

特に、本質的な富を磨くには時間(場合によってお金も)がかかるので、早い段階から始めるようにしましょう。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-お金持ちへの道