Genx Notes

仮想通貨&トレーディングに関する情報サイトとコンサルティング

ビットシェアーズ

BitUSDを日本円に換金する方法

2019/06/14

BitUSDは米ドルと同等の価値を持ったBitShares内のスマートコインです。

米ドルと同等の価値を持つということは、1 BitUSDは$1として考えることができます。

このBitUSDをBitShares内で相手に送金したり、他の仮想通貨とトレードする分にはBitSharesのネットワークから一切出す必要はないので、カウンターパーティ・リスクがない種類の仮想通貨として保有できます。

ただ、BitUSDを日本円に換金したいとなると、BitSharesネットワーク外に出すことになるため、外部に引き出せるタイプの仮想通貨に換金してから、日本円に換金する必要があります。

やり方はどうやるかというと簡単です。

BTC/BitUSDでBitUSDをまずはOPEN.BTCビットコイン)に交換します。

OPEN.BTCに交換すれば、Openledgerゲートウェイ経由でビットコイン現物をBitSharesネットワークから引き出すことができます。

ビットコイン現物をbitFlyerに送り、ビットコイン現物をそのまま売却すれば、ビットコインを日本円にすることができます。

日本円にしたら、bitFlyerに登録してある銀行口座に引き出せば、日本円が手に入ります。

まとめ

「BitUSD→BTC→日本円」という形で、2段階の換金方法でBitUSDを日本円にすることができます。

一つ気をつけないといけないのは、USDJPYのレートです。一旦ビットコインを挟むにしても、米ドルにペッグした仮想通貨を日本円に交換するわけですから、交換できるレートはUSDJPYのレートに左右されます。円安の時に交換すれば、多くの日本円が手に入り、逆に円高の時に交換すれば、その分手に入る日本円が減ってしまいます。

ですから、なるべく円安の時に交換するようにするのがスマートです。

Genx Notesのメルマガへの登録はこちら。



-ビットシェアーズ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。