BitShares初級編

BitSharesのオンラインウォレットでバックアップからインポートする方法

BitSharesのオンラインウォレットのバックアップの取り方ではバックアップファイルの作成方法を解説しました。

今回は逆のプロセスで、バックアップから復元する方法を解説していきます。

手順

1. 画面右上のSettingsのアイコンをクリックする。
bitshares_backup_01

2. Wallet Management Consoleのボタンをクリックする。
bitshares_backup_02

3. Restore Backupのボタンをクリックする。
bitshares_import_wallet_backup_01

4. Choose Fileのボタンをクリックし、Backupファイルを選択して開く。
bitshares_import_wallet_backup_02

5. パスワードの入力を求められるので、ウォレットを最初に作成するときに設定したパスワードを入力する。
bitshares_import_wallet_backup_03

6. Verifyボタンをクリックする。
bitshares_import_wallet_backup_04

7. Wallet名を変更したい場合は変更する。変更する必要がない場合はそのままAcceptボタンをクリックする。
bitshares_import_wallet_backup_05

8. Restore (Name of Wallet)のボタンをクリックする。
bitshares_import_wallet_backup_06

9. Doneをクリックする。
bitshares_import_wallet_backup_07

10. インポートしたウォレットがアクディブになっていることを確認する。別のウォレットに切り替える場合は、Change Walletをクリックすれば切り替えが可能。
bitshares_import_wallet_backup_08

他のパソコンから同じウォレットをアクセスしたい場合はどうすれば良いのか

他のパソコンから同じウォレットをアクセスしたい場合は、まずはウォレットが存在するパソコンからバックアップファイルをエクスポートし、もう一つのパソコンにバックアップファイルを転送し、バックアップファイルのインポート(この記事で解説した手順)を行う必要があります。

ウォレットを分けても問題ないのなら、トランザクションフィーは掛かりますが、自分のウォレットA からウォレットBに資金を送金すれば可能です。

-BitShares初級編
-