レーベルに進化しました。

インストゥルメンタルヒップホップとヒップホップインストゥルメンタル:似て非なる二つのジャンル

e382a4e383b3e382b9e38388e382a5e383abe383a1e383b3e382bfe383abe38392e38383e38397e3839be38383e38397e381a8e38392e38383e38397e3839be38383 音楽日記
この記事は約2分で読めます。

音楽制作の世界には、一見似ているようで実は大きく異なるジャンルがあります。今回は、私がSunoUdioを使って制作している「インストゥルメンタルヒップホップ」と、これまで手動で作成していた「ヒップホップインストゥルメンタル」の違いについて探ってみましょう。

インストそのもので勝負するか

インストゥルメンタルヒップホップは、その名の通り楽器のみで構成される音楽です。ここでは、メロディリズムサウンドデザインなど、全ての要素が聴き手の注目を集めることを意図しています。一方、ヒップホップインストゥルメンタルは、ラッパーのための土台として機能することが多く、必ずしもそれ単体で完結する必要はありません。

ラップのスペースを確保するか

ヒップホップインストゥルメンタルでは、ラップが入ることを前提に制作されるため、ボーカルのための空間を意識的に作ります。これに対し、インストゥルメンタルヒップホップでは、そのような配慮は必要ありません。むしろ、全ての周波数帯をフルに活用して豊かなサウンドスケープを作り出すことができます。

楽曲構成の違い

インストゥルメンタルヒップホップでは、Bメロを入れて曲の展開を豊かにしたり、サビを特に印象的にアレンジしたりすることが可能です。一方、ヒップホップインストゥルメンタルは、ラップのフローに合わせてシンプルな構成を保つことが多いでしょう。

フェードイン・フェードアウトの使用

インストゥルメンタルヒップホップでは、曲の始まりと終わりにフェードインフェードアウトを使用することで、よりスムーズな聴感を生み出すことができます。ヒップホップインストゥルメンタルの場合、ラッパーのパフォーマンスに合わせて明確な開始と終了が必要なため、これらのテクニックはあまり使用されません。

結論

SunoとUdioを使って制作するインストゥルメンタルヒップホップと、手動で作成していたヒップホップインストゥルメンタルは、一見似ているようで実は大きく異なります。それに気づきました。