レーベルに進化しました。

インストゥルメンタル・ヒップホップとヒップホップ・インストゥルメンタルの違いは?

e382a4e383b3e382b9e38388e382a5e383abe383a1e383b3e382bfe383abe383bbe38392e38383e38397e3839be38383e38397e381a8e38392e38383e38397e3839b ビートメイキング
この記事は約2分で読めます。

インストゥルメンタル・ヒップホップヒップホップ・インストゥルメンタルは、非常に似ている概念ですが、微妙な違いがあります。両者の主な違いは、その起源と制作意図にあります。

インストゥルメンタル・ヒップホップ

インストゥルメンタル・ヒップホップは、主に以下の特徴を持ちます:

  1. 独立したジャンル:最初からボーカルなしで作られた音楽ジャンル。
  2. 制作意図:リスニング用に作られ、必ずしもラッパーのために作られたわけではない。
  3. 音楽性:より実験的で、様々な音楽要素を取り入れる傾向がある。
  4. アーティスト:DJ Shadow、RJD2、Nujabesなどが代表的。

ヒップホップ・インストゥルメンタル

一方、ヒップホップ・インストゥルメンタルは:

  1. 派生物:既存のヒップホップ楽曲からボーカルを取り除いたもの、またはラッパーのために作られた楽曲のボーカルなしバージョン。
  2. 制作意図:主にラッパーがフリースタイルや練習で使用することを目的としている。
  3. 音楽性:典型的なヒップホップの構造を維持し、ボーカルが入ることを想定した空間がある。
  4. 使用例:DJミックス、カラオケ版、リミックスの素材など。

まとめ

両者の違いは微妙ですが、インストゥルメンタル・ヒップホップがより芸術的で独立したジャンルであるのに対し、ヒップホップ・インストゥルメンタルは既存のヒップホップ楽曲に密接に関連しています。ただし、これらの境界線は時に曖昧で、多くのアーティストが両方の要素を取り入れた作品を制作しています。