Categories: 暗号資産

暗号資産で金利を得る方法

金利が発生するのは法定通貨の世界だけではなく、暗号資産の世界でも同じです。人間がお金を交換のツールとして使用する限り、金利の概念は暗号資産であっても適用されます。つまり、あなたは暗号資産を誰かに貸せば金利を得ることができるのです。

暗号資産取引所に暗号資産を貸し出せば金利を得ることができる

信用取引ができる暗号資産取引所では、信用取引を行いたいトレーダーのために暗号資産の貸出を行うことができるようになっています。貸株と同じ原理ですが、暗号資産の場合は取引所に貸し出す形になります。暗号資産の貸出を行い、誰かが信用取引を行っている間、あなたは金利を得続けることができます。
しかし、あなたは暗号資産を貸し出しているので、信用取引を行っている人が決済(反対売買)を行うまであなたの手元に暗号資産が戻ってこないため、この間はカウンターパーティ・リスクが伴います。
つまり、暗号資産取引所が破綻してしまった場合、預けたお金が戻ってこない可能性があるのです。実際にビットコインを取引所に預けておいたら取引所がハッキングされ、ベイルインしてしまった例があります。
したがって、暗号資産の貸出はリスクが高くて今のところはおすすめはできません。

暗号資産の鋳造を行う

Proof of Stakeアルゴリズムで成り立っている暗号資産に投資すれば、保有している間、クライアント型のウォレットに暗号資産を移動し、ウォレットクライアントを立ち上げておくと、鋳造を行うことができます。
鋳造はビットコインで言うところの採掘(マイニング)と同じで、その暗号資産が持つブロックチェーンでの承認作業を手伝うことで報酬がもらえます。醸造に使っている暗号資産が多ければ多いほど、暗号資産が増えていく速度が上がるので、そういう意味では金利に近いと言えるでしょう。
また、Proof of StakeはビットコインのProof of Workのアルゴリズムと違って、パソコンのマシンパワーを大量に消費し続けることはないので、クライアントをバックグラウンドで起動させて、他の作業を行っていてもほとんど氣になりません。しかし、クライアントを閉じてしまうと、鋳造が止まってしまうので注意が必要です。

Steem Dollarsを保有する

Steemというブロックチェーンベースのソーシャルメディアプラットフォームがあり、Steem内で扱える資産の中にSteem Dollarsというものがあります。
Steem Dollarsをsteemit.com内で保有することで、金利を得ることができます。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら