仮想通貨取引所の知識

IOUとは何か

IOUとはI Owe Youの略であり、第三者が発行する預かり証のようなものだと思ってください。

IOUを発行するタイプの取引所にビットコインを送付したら、あなたのアカウントにビットコインがクレジットされます。このアカウントの残高はブロックチェーンによって管理されているものではなく、取引所が持っている内部の台帳によって管理されています。

つまり、取引所が内部の台帳に基づいてあなたにIOUを発行しているわけです。「あなたのアカウントにはこれだけのビットコインが入っていますよ」と。

あなたがビットコインの引き出しを要求すれば、取引所はそのとき初めてIOUビットコインに交換する作業に取りかかります。取引所がウォレットを使ってあなたにビットコインを送付するため、ブロックチェーンが資産の移動を承認した後、ビットコインが正式にあなたの手元に戻ってくるわけです。

逆から言うと、IOUを発行するタイプの取引所にビットコインを預けたら、預けている間に行われた全ての取引はブロックチェーンでは記録されず、取引所の内部の台帳が全てを記録することになるので、ユーザーからしてみると取引所が正しい行いをしていることを盲目的に信用するしかないのです。

実は銀行のシステムも上記の例と同じようにIOUを発行しています。あなたがFiat currency法定通貨)を銀行に預け入れたら、銀行が持っている内部の台帳に残高が反映され、銀行はあなたに対してIOUを発行するのです。

「あなたの口座にはこれだけのお金が入っていますよ」と。

このIOUを持っていれば、対応する金融機関に持っていくだけであなたはIOUを現金と交換することができます。しかし、何度も言いますが、このような管理方法は内部の台帳を使って管理しているだけなので、台帳を保有している機関を盲目的に信用するしかないのです。したがって、IOUを発行するやり方は全てcentralized中央集権型)なソリューションだと言えるのです。

Centralizedソリューションの場合、IOUを発行した機関が潰れたり、ハッキングに遭ってしまったり、内部で不祥事があった場合、あなたの資産が一瞬にして消えてしまう可能性があるのです。したがって、IOUを持つこと自体に必ずカウンターパーティ・リスクが伴います。

そのため、IOUを発行するタイプのサービスは仮想通貨を本当に理解していて、仮想通貨の未来を信じている人達の間では嫌われます。仮想通貨の本質を理解している人達は自分で自分の資産を管理したいと思っているため、第三者を信用する必要がある中央集権型のソリューションを悪だと考えているわけです。

そのような人達は第三者に頼らずに自由な経済活動を行うことができるdecentralized非中央集権型)なソリューションを好んで使います。Decentralizedソリューションは台帳が中央集権型になっていないもの、つまりブロックチェーンが資産を管理するタイプのものを指します。

Decentralizedソリューションならば、IOUの価値が吹っ飛ぶというカウンターパーティ・リスクから解き放たれますし、誰かにいきなり資産を勝手に差し押さえられたり、没収されることがなくなるのです。

ですから、人を信用する必要があるIOUを発行するシステムから人を信用せずにして成り立つブロックチェーン・システムへの移行は自由経済の始まりであり、インターネット以来の大革命なのです。