仮想通貨取引所の知識

仮想通貨の世界でよく聞く言葉「IOU」とは何か

IOU(アイオーユー)とはそもそも英語のフレーズ「I Owe You」の略から来ており、第三者が発行する手形(預かり証)のことを指します。

今回は銀行にお金を預けるという行為を例にとって、IOUとは何かということを解説していきます。

銀行にお金を預ける行為はIOUを持つということ

例えば、銀行に1万円送金したとします。するとあなたのアカウントに「1万円」が入金されますが、これは銀行が管理している内部の台帳で管理されている1万円であり、本物の1万円ではないですよね。

本物の1万円を返してもらうには、銀行に手形を持っていき、「お金を引き出します」と依頼すれば良いのです。ただし、何らかの理由で銀行が潰れてしまった場合、この手形は無効となり、1万円は戻ってくることはありません。つまり、手形を元の資産に戻すには手形を発行した人・団体(この場合は銀行ですね)を信用する必要があるのです。

まぁ、厳密に言えば日本の銀行は「ペイオフ制度」があるので、1000万円までは保護されるとは言われていますが、もしあなたが1億円を銀行に入れていて、銀行が潰れたら銀行が発行した手形は使えなくなってしまうので、9000万円は回収できなく、実質無効となってしまいます。

仮想通貨でもコンセプトは同じ

このコンセプトは仮想通貨の世界でも同じです。中央集権型取引所仮想通貨を送れば、あなたのアカウントには仮想通貨の残高が手形という形で表示されますが、中央集権型取引所が管理している内部の台帳で管理されている仮想通貨であり、本物の仮想通貨ではありません。

本物の仮想通貨を返してもらうには、中央集権型取引所にログインして「仮想通貨を引き出します」と依頼すれば良いのです。ただし、何らかの理由で中央集権型取引所が潰れてしまった場合、この手形は無効となり、仮想通貨は戻ってくることはありません。

仮想通貨の現物とIOUの差に気づけ

1万円ならば現金(現物)なのか銀行残高(IOU)なのかは明確ですから、どっちの形態で保有しているか一目で分かりますが、仮想通貨の場合はそうはいきません。

仮想通貨現物で持っていおうとIOUとして持っていようとそもそも「バーチャルな通貨」ですから、数字だけを見て判断するということができません。あなたは仮想通貨を誰に預けているのかを考えたり、「この仮想通貨は誰かが発行した手形なのか、それとも、これそのものが仮想通貨現物なのか」などを考えて総合的に現物なのかIOUなのかを判別する必要があるのです。

基本的に中央集権型取引所仮想通貨を預けているときはIOUとして保有しています。あなた自身の仮想通貨ウォレットに持っている場合は現物で保有しています。

非中央集権型取引所に置くときは、「誰かが発行した手形とあなたが持っている仮想通貨を交換」すればIOUとして持っており、ブロックチェーンが発行しているアセットをそのままブロックチェーン上に持っていれば現物として持っているということが分かります。

BitShares(非中央集権型取引所)での例

BitSharesの場合、OPEN.BTCOpenledgerが発行している手形なので、あなたがビットコインビットコインウォレットからOpenledgerに送金し、あなたがOPEN.BTCを受け取ったら、あなたは自身のビットコインIOUを保有していることになります。

対して、BitSharesで資産をBTSとして持っていれば、(BTSBitSharesブロックチェーンの基軸通貨なので)BTSそのものが仮想通貨であり、仮想通貨現物で保有していることが分かります。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-仮想通貨取引所の知識