筋トレをやめないで。

筋トレってほとんどの人は続きません。
筋トレって「短期的に頑張り過ぎて」、その後「頑張るのに疲れてしまってやめてしまう」代表格のスポーツみたいなものです。
または「停滞期が辛過ぎたり」「停滞期に飽きちゃったり」、そういう理由でやめてしまう人も多いですね。
だからこそ、筋トレは100m走のようにスパートしてはいけないのです。
筋トレは100m走のように扱わないで、マラソンのように扱うようにしましょう。
つまり、「頑張り過ぎない」「飛ばし過ぎない」ようにペース配分して、長〜く続けていくということが大切です。
だから自分より早く成長している人がいても焦らない、他人と比べない、自分のペースを守る、停滞期が来ても淡々と続ける、
そういう精神でいる必要があります。
停滞期が来ても必ず打破できます。
必ず打破できます。
大切なことなので2回言いました。
どんなに「無理」だと思っても、そこから諦めないで続けてみてください。
続けていれば、停滞期は必ずぶち壊すことができます。
筋トレは短期的にドワーっと頑張っても成果はあまり出ませんが、
日々小さなステップをこなしていくことで、
大きなことを成し遂げることができるようになります。
ほんの小さなステップで良いのです。
でも、続けることが必要。
そういうことです。
諦めそうになった時は、始めた時の理由を思い出すようにしてみましょう。
飽きた時がスタート地点のようなものです。
だから筋トレだけはやめないで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました