Categories: 音楽

Koala SamplerとAbleton Liveの組み合わせは素晴らし過ぎる。

Koala Sampler素晴らしい。

このアプリの作者はJ DillaがSP303を使ってDonutsの中のほとんどの曲を作ったと言うことにインスパイアされて作ったって、日記に書いてあった。

Koala – how it was made

完全な翻訳ではないけれど、こんな感じで言っていた。

コアラサンプラーを作った背後にあるアイデアとしては、ブレーキペダルなしのサンプリングワークステーションを作ることでした。 私は細かい編集、パラメーターの微調整、元に戻したり、やり直ししたり等、楽曲を作るにあたってつまずく原因になる部分を取り除きたかった。私はユーザーにそれほど細かい部分にとらわれないようにしたかったのです。そして創作物を作ることに集中して欲しかったのです。イメージで言えば、鉛筆の代わりにマーカーで描いて欲しいということです。

(中略)

J DillaがSP-303でDonutsを作ったという噂を聞いたとき、びっくりして私の顎は落ちました。私はSP-303を使用したことはありませんが、機材のフロントパネルを見ると、いかに単純な機材であるかを確認できます。元に戻すとか、サンプルライブラリとか、ピアノロール入力とか、最近私たちが音楽制作で使用しているほとんどすべての機能はありません。それでも、彼があのような素晴らしいアルバムを作るのには十分な手段でした。

SP-303には音楽を作成することを強制するワークフローがあります。これがコアラで捉えたかったエッセンスです。自分自身をサンプリングする機能、「リサンプリング」、私はこれが大好きでコアラに組み込んでいます。また、入力に直接エフェクトをかけることができるので、マイクの音を何にでも変えることができます。そしてもちろん、いったんこれらのエフェクトを使用して録音すると、焼き付けられ、後戻りすることはできません。

こんな感じかな。

というわけで、コアラサンプラーには作者の意図であえてピアノロールがついていないんだ。

でもね、ピアノロール慣れしている自分としてはすごく辛い。

だからループを作るところで超苦戦してる。

「MIDIノート見えねぇ〜」とか言いながら。

仕方ないから、耳で頑張ってやって、ループ作るところまでは何とか、マジで何とか行けるんだけど、そこからね、シーケンスを組むところが非常に難解というか、

私にとっては「ループから伸ばせないから、曲を完成できない」ってなってしまうワークフローだったわけ。

iPhoneのマイクで瞬時に録音できるとか、

「ポケットにSP303があるじゃん!しかも電池駆動やで〜(iPhoneの電池が持つ限りって意味で)」って思いながらベッドルームでもカフェでも音楽が作れるところとか、

すごい氣に入ってるんだ。

でもループ作りの大変さ、そしてシーケンス部分が死ぬほどややこしかった。

だから困ってたんだけどね、

アプリの作者、

実は救済策を用意してくれている。

それはAbleton Live Export。

マジ、この機能は神。

組んだループに対して、一発でAbleton Live Projectを組んでくれる。

それにね、All Sample Exportっていう機能もあって、それぞれのサンプルをダウンロードすることもできるんだよ。

場合によってはサンプルをSimplerやDrum Rackでループを組み直すようなこともできるし、

マジ、神。

Koala SamplerとAbleton Liveを組み合わせるようになってから、私の音楽の音が変わった。

何が変わったかというと、

やっぱりヒップホップ感が上がるよね。

だって、YouTubeからサンプリングしたりなんかしちゃってさ。

パソコンの前に座って作るときとワークフローが全く違うんだもの。

パソコンの前に座って作る時は「YouTubeからサンプリングしよっ!」とあんまり思わないし、

「MIDIキーボードでMassive鳴らすか」みたいな感じになる。

でもね、コアラを使うと、「さぁ、YouTubeで良いネタないかな〜」ってなるんだよ。

そりゃ、ビートがよりチョッピーになるし、ヒップホップ感が出るよね。

そして、最後のシーケンス部分をAbleton Liveちゃんの力を借りてできるというだけで、

ありがたすぎる。

コアラってほんとに新しい氣づきをくれる、素晴らしいアプリだな。

それにしても、耳でループ作るのって結構大変やな〜って思った。J Dillaのすごさに再度圧倒された。

Ableton Liveとかと組み合わせられるのって、うちらって本当に恵まれてる。良い時代に生まれたなぁ。

現代に生まれて良かった〜〜〜!

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら