Genx Notes

サラリーマンのための金融の知識と投資の思考

Krakenが日本在住ユーザーに対して「USDT」の取り扱いをやめるんだって。

2018/03/02  2018/03/03

Krakenが日本在住ユーザーに対して「USDT」の取り扱いをやめる方向に動いたようです。

まぁ、「USDT」を使ってBTCの利益を利確する人が増えてきたからなのか、ただ単にKrakenが取引所としてUSDTを扱わない方向に動いたのかはよく分かりませんが。

いずれにしても、特定の国で特定の仮想通貨が突然使えなくなるなんてとても中央集権的な仮想通貨ですし、当サイトでは全く将来性のない仮想通貨だと最初から断言していますから、USDTが使えなくなるのは完全に想定内だと言えます。

これからの時代は「非中央集権的でカウンターパーティ・リスクのない仮想通貨」にどんどん集約されていきます。(きっぱり!)

だからこそ分散型取引所であるBitSharesでの取引をおすすめします。

仮にUSDTがいつか日本で完全に使えなくなったところで、BitSharesではBTC/bitUSDが取引できます。bitUSDはUSDTとは違ってカウンターパーティ・リスクのない、USDにペッグした仮想通貨です。ですから、bitUSDを持っていれば、国や中央集権型の取引所が突然ポリシーを変更したところで全く影響がありません。

最近はBitSharesを日本語化したこともあって、日本人に対してBTC/bitJPYをプッシュしていくつもりです。bitJPYはbitUSDと同じ原理でBitShares内で作られたカウンターパーティ・リスクのない、日本円にペッグした仮想通貨です。

こうやって当サイトが地道にbitUSDとbitJPYをプッシュしていけば、近い将来、bitUSD/bitJPYが世界的に一番大きな非中央集権的なFXマーケットになる日が来るかもしれませんよ。

実は、私にはそういうワクワクする未来が見えています。起きる前から楽しみです。

もうGOXしたくないなら分散型取引所のビットシェアーズを始めよう!(メール講座)



-初心者から始める仮想通貨
-,