現物取引の良いところは短期投資と長期投資の両方から選べるため、あなたの性格に合わせて取引スタイルを決めることができるところにあります。
短期投資の場合は利益を確定するポイントと損を確定するポイントをあらかじめ決めておいて、あなたが決めたエントリーポイントがやってきたら、何も考えずにポジションに入り、その後利益確定のポイントがやってきたら利益を確定させ、損失確定のポイントがやってきたら損を確定させるのが基本です。この一連の流れを感情を一切挟むことなく、機械的にやるのが鍵です。
長期投資の場合は違います。長期投資の場合は利益を確定するポイントだけを決め、最悪「ゼロ」になっても良いだけ分だけを投資するスタイルです。つまり、最初から投資した分は返ってこなくても良いと決めてから臨むため、価格がどれだけドローダウンしようが、関係ないわけです。買った後は、利益を確定させるポイントがやってくるまで放置させるのがポイントです。

信用取引の場合は、現物取引のように短期投資と調子投資のどちらかから選ぶということはできません。なぜなら、信用取引は証拠金取引なので、差金決済を前提としているからです。差金決済を前提としている場合は短期投資が基本になります。ということは、信用取引を行う投資家は、現物長期投資を行っている投資家と違って、ポジションをマイクロマネージメントしていく必要があり、忙しくなってしまうので、おすすめしません。

このようなことから、私は取引スタイルを選べる現物取引をおすすめします。現物取引をして、あなたには短期投資が合うのか長期投資が合うのか、なるべく早くその答えを見つけることに専念しましょう。
一番ダメなのは、短期投資をすると決めて入ったトレードに対して、損切りするのが嫌になってしまったので、ポジションに入ったまま長期投資に勝手に変更することです。これは単なる現実逃避なのでやめてください。
短期投資をすると決めてポジションに入って、そのときに「やっぱり私には短期投資は合わないな」と感じたら、負けが確定するとしても一旦ポジションをクローズしてください。つまり損切りをして頭を冷やしてください。
ポジションを抜けた後に、次に長期投資を試してみるのはOKです。ポイントはポジションに入った後にテキトーな理由をつけてコロコロ意見を変えるのは単なる逃げなのでやめてくださいということです。
とにかく少額で現物取引を続けていき、なるべく早くあなたには短期投資が合うのか長期投資が合うのかが見つかれば、そこからはトレーディングスキルが急激にレベルアップすると言って良いでしょう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: 現物取引

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら