現物買いと信用買いは市場でやっている行動だけを見れば、やっていることは全く同じです。
とある銘柄を買っているわけです。
しかしその裏に隠された意味には決定的な違いがあります。
それは何かというと、現物買いでは自分の資金を使って現物を買っていること、そして信用買いではコラテラルを取引所などに預け、借りたお金で銘柄を買っているというということです。(FXなどのレバレッジの効いた買いは信用買いに属します。)
現物買いは自分のお金を仮想通貨や株に交換しているわけですから、その銘柄が手に入るのです。
そしてその銘柄自体が破綻(価格が0になるということ)しない限り、ずっと生き続けることができます。仮に1ビットコインが1円まで下がったとしても、価値が0にならない限り死なないし、いつかは持ち直す可能性があります。
逆に信用買いでは銘柄を購入した時点から銘柄の価値が下がり続け、預けたコラテラルがマージンコールにひっかかったら、ポジションが強制的に決済されてしまいます。
すると、損失が確定してしまいます。現物が手元に残るわけでもなく、ただ単にコラテラルが目減りするだけなのです。
まとめると、現物買いは長期戦にも短期戦にも利用できますが、信用買いは長期戦には全く向いていなく、短期決戦にしか使えないと思ってください。
信用買いはバイ・アンド・ホールド(買ってそのまま放置)には適さないので、短期的思考を持つ投機家が使うもので、長期的思考を持つ投資家は使うべきではありません。
現物買いと信用買いでは根本的な動機が違うと言えるでしょう。