信用取引・先物取引・短期投資の考え方

利益確定が良いトレードとは限らない

利益確定となったトレードは必ずしも良いトレードだったとは言い切れません。

では、今回はなぜ利益を得ているのにそれが良いトレードとは限らないか、その理由について解説していきます。

ルールを守ることの重要性でも説明していますが、トレードの世界では感情を抑えながらトレードすることが必須で、それを行うには「自分が決めたルールは必ず守る」と言った姿勢がとても大切です。

ようは、トレードにエントリーする前に、エントリーするポイント、利益確定するポイント、損切りするポイントをあらかじめ決めておくことで何が起きたとしても「想定内」とし、感情の起伏を抑えていくのです。

しかし、多くの人は「自分で決めたルールなのに勝手に破ってしまう」といったことをしてしまいます。

例えば、ルールにはなかったポイントでエントリーしてしまったり、価格がいきなり急上昇し始めたため、乗り遅れたくないと思いついつい買ってしまったりするのが典型的な例です。

あなたもそのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

このような行動は全て感情に任せたトレードであると言えます。

大切なのはどこでエントリーするかではなく、そのポイントでエントリーするということを最初から決めておいたものなのか、そうではなかったのかという部分です。

もしルールになかったのにエントリーしてしまったのならば、それは感情に任せたトレードであることは確実です。

このようなルールになかったポイントでエントリーして、価格が逆方向に向かい、損切りを余儀なくされる場合はともかく、利益が膨らんで利益確定となるパターンもありえます。

この後者のトレードパターンがまさに、「利益確定が良いトレードとは限らない」で言う悪いトレードに分類されます。

「ルールを破ったことで利益が出た。」

これが一回でも起きると、かなり危険なメンタリティーに陥ってしまいます。

なぜ危険かと言うと、ルールを破るのがあなたの中で許容されるようになり、それが癖になってしまうからです。

すると、そもそもルールを作る意味がなくなってしまいます。ルールを破るのがOKなら、なぜルールを作ったんですかという話に逆戻りします。

このような悪循環な思考になってしまうのは相場では死を意味します。

そのため、このようにルールを破ったトレードで利益確定していくよりも、ルールを守りながらトレードして、結果的に損切りになってしまった方が健全で良いトレードだと言えるのです。

短期的には「利益確定出来ればその方が良いじゃん」とあなたは言うかも知れませんが、長期的スパンで見た場合、ルールを守らないことでいつか必ず莫大な損失を出すことになり、相場から退場するはめになってしまいます。

したがって、これからは利益確定を重視するのではなく、ルールを守った良いトレードだけを行ってトレーダーとしてのレベルアップを重視するようにしましょう。