トレードの考え方の基本

指値が全約定した途端に市場が反転するべきと思っているなら都合が良すぎる

多くのトレーダーは「なぜ自分が買った途端に下がるんだ」または「なぜ自分が売った途端に上がるんだ」と嘆きます。

しかし、それは考えてみれば当たり前なことであることが分かります。

例えば、買いで考えてみましょう。あなたがアスクで買った直後に他の誰かがビッドで売ったら、その時点で「自分が買った途端に下がる」が現実化してしまいます。これが起きるまでは一瞬です。

じゃ、そうならないように指値で発注すれば良いんだと慎重になるトレーダーがいますが、それでも「自分が買った途端に下がる」という現象は普通に起きてしまいます。なぜか。

それは人間の心理を考えればすぐに分かります。

理由は多くの人間が「自分が得したい、自分が得したい」と考えているからです。だからあなたが100円に買いの指値を入れていて、それに対して売りをぶつけてくる人は、「100円でこの人に売ることができるのは私にとって得だ!」と思えるからあなたに売るわけです。

そう思える人がいるということは、どこかで同じ銘柄を100円以下で買えるようになっているのかもしれませんし、他の理由があるのかもしれません。理由はなんであれ、あなたの注文が全約定するということは、需給の均衡が取れていないということなので、次のビッド価格でも売られていく可能性が高いわけです。

逆にあなたが買い指値を入れた価格でちょうどマーケットが反転するのなら、その価格でちょうど均衡が取れたということなので、あなたの注文は約定していないか部分約定しかしていないはずです。あなたの注文の全約定を最後に需給の均衡が取れたというパターンは、よほどラッキーじゃないと起きません。

トレードはビジネスと同じです

あなたが5000円の価値があるものを3000円で売っていたら誰でも買います。でもあなたが5000円の価値があるものを7000円で売っていたら誰も買いません。まずはこれを思い出しましょう。

そして、「あなたが与える価値」が「お客さんが支払う金額」より大きいとき、それは「グッドビジネス」だと言えます。グッドビジネスをすればお客さんは絶えませんし、お客さんに一生「ありがとう」と言われながら生きていくことができます。つまり、グッドビジネスを続けるには「相手に得をさせてあげる」という思考が必要なのです。あなたはお客さんに5000円の価値を提供して、3000円もらえればそれでオッケーと思えるようにすれば良いのです。これであなた自身の信頼も上がっていきます。

トレードでも同じです。あなたの買い指値を全約定させたいなら「相手に得をさせてあげる」という気持ちを持つ必要があります。ということは、あなたの買い指値が全約定した後も価格が落ち続けることに対してオッケーと思える必要があるのです。これが「グッドビジネス」です。

だからこそ、ポジションは最低でも何日かはホールドする「スイングトレード」、または何ヶ月以上も保有する「長期トレード」に徹することが大切なのです。デイトレードなんかやっていたら、こういう風に考えられませんからね。

スイングトレード長期トレードに徹していると、買いのときに相手に得をしてもらったところで、物事を大局的に見ているわけなので、最終的にはあなたが満足できる価格で売ることができるのです。

このように、トレードをビジネスに当てはめて考える癖をつけましょう。