仮想通貨に投資をするときの心構え

2017/03/09  2018/02/18

仮想通貨に投資するとき、目的をあらかじめ決めておくことはとても重要です。

つまり、あなたは日本円(法定通貨)を増やすのが目的なのか、仮想通貨を増やすのが目的なのかを最初に決めておかなければなりません。

日本円を増やすのが目的なら、ビットコイン信用取引ができるビットコイン取引所を利用してFXのようなスタイルで取引していくのが最も効率的でしょう。

では、もし仮想通貨を増やすのが目的ならばどうでしょうか。

仮想通貨を増やすのなら、法定通貨を一旦仮想通貨に交換した後、必ずしも日本円に戻さなくてはいけないわけではないので、仮想通貨として保有すると良いですし、仮想通貨を増やしていくならむしろ仮想通貨同士の現物取引をしていった方がおすすめです。

最初の法定通貨仮想通貨に変えるところまではどうしてもbitFlyerのようなビットコイン現物の取引所を使わないといけませんが、その後は自由に別の仮想通貨と交換していくことができるようになります。

やり方は簡単で、bitFlyerで日本円を一旦ビットコインに交換したら、その後はBitSharesという仮想通貨ウォレット非中央集権型取引所仮想通貨を移せば、仮想通貨仮想通貨の取引をしていくことができるようになります。

BitSharesでは「BitUSD」「BitCNY」「BitJPY」などの法定通貨ペッグした仮想通貨と取引することもできるため、法定通貨に交換せずに法定通貨に交換する効果を仮想通貨仮想通貨の取引で得ることができるのです。

このようにやっていけば、必要にならない限り、法定通貨に戻さずに資産を管理できるようになります。つまり、BitSharesを利用することで自分で自分自身の銀行になれ、トークンエコノミーの世界を本格的に作っていくことができるのです。

まとめると、仮想通貨を取引するのなら、目的は最初に明確にしておくことが大切であるということを覚えておきましょう。

Genx

仮想通貨をやるなら、これからはBitShares(ビットシェアーズ)の時代です。中央集権型仮想通貨取引所が次々とGOXしていく中、BitSharesを使えば誰にも頼らずにあなたの大切な「財産」を守り、「自由」を手にしながら、より充実した「人生」を生きていくことができるからです。

-仮想通貨
-