に投稿 コメントを残す

心で思った回数が現実になる

筋トレでは心で思ったことがそのまま起きます。
今日は6回しかできないだろうなと思ったらそうなりますし、
今日は一つ上の重りでもいける気がすると思ったらそうなります。
じゃ「常に上のことを考えるようにすれば良いよね!」って思われるかも知れませんが、
そうともいきません。
頭で考えることというより、感じることが起きるわけですから。
だから、今日はベンチプレス90kgで10回行きたいと考えていても、
その奥で、「うーん、8回しかできないんだろうな」って感じていたら、8回止まりになってしまうわけです。
だからこそ、筋トレをやる時は心の声をよーく聞いてあげることが大切なんですよ。
「エゴ」はいつでも上へ上へ目指すようになってるけれど、「本心」はやる気がある日もない日もあります。
やる気のない日に無理矢理闘魂を詰め込んで自分を強制しても、あまりうまくいかない日もあります。
だからと言って、こういう日に自分に対して「おまえはダメだなー」とネガティブトークしてはいけないわけです。
「まっ、こういう日もあるよね」と自分を許した方がはるかに良いんですね。
なぜなら、例外なく許すことで自分を責めなくなりますし、成果が出ない日が続いても嫌な気分になりにくいからです。
すると、筋トレが続くし、そのおかげでいつか成果がポコっと出たりします。
やはり頭の中の思考を常に客観的に観察し、自分をいつでも許す体制でいた方がサステイナビリティが上がると感じます。
それだけは今までの経験から言えます。

コメントを残す