富を一人で独占することはできない

あなたが頑張って、頑張って、ビットコインを手に入れて、ビットコインの総数の49%を一人で独占したとします。(50%超えちゃうと、ビットコインの場合はあなたが独裁者となって、崩壊してしまうので、49%としました)

それでも富は独占することはできません。

なぜなら、そうしたら、新しいコインやトークンが登場するだけだからです。

こんな感じで、どんなに富を独占しようとしても、できません。

富を独占できない理由としては、人間は「無から価値を作り出すことができるから」です。

だから、人間は富というものはどんなに頑張っても独占できないようになっています。

もしあなたが「お金は既存のパイの取り合いだ」等と思っているとしたら、それは「お金は有限である」という教育を受けてきた弊害だと言えるのです。

実はその「お金は有限である」という概念そのものが嘘だったのです。

人間が「無から価値を作り出せる」以上、お金というものは単なる「シンボル」に過ぎません。

特にトークンをブロックチェーン上に作れるシステムができちゃった今、これからは「シンボル」としてのお金は増え続けます。

2015年の仮想通貨の事情とかを考えてみると、当時はビットコインやEthereumライトコインドージコインとかが流行っていたときです。

この時代に、BNBとかChainlinkとかPolkadotとかがCoinmarketcapの上位に来ることを想像できていましたか?

多分できていなかったはずです。

これは、2025年には当たり前に存在するコインやトークンは2020年の時点では想像できないのと同じですね。

つまり、コインやトークン(お金のシンボル)は彗星のように現れる、つまり「無から価値が作り出されて登場する」ってことです。

じゃ、こんな風にコインやトークンが増え続けたら、お金そのものがインフレして使い物にならなくなるのか?と言ったら、それもまた違うのです。

なぜなら「人間は無から価値を作り出せるから」です。

そのコインやトークンが使い物になくなったら、別のコインやトークンが使われるようになるだけです。

富は無限だから、泉自体が無限だから、なくなるわけないのです。ましてや独占なんてできません。

そこに氣づけるようになると「な〜んだ。そんなに頑張ってお金稼ごうって頑張らなくても、お金は無限だから大丈夫じゃん」って氣付けるようになると思っています。

そうすれば、お金崇拝教から脱することができて、人類がまた少し、また少し進化し、多くの人々が幸福感を感じることができるようになっていきます。

では、今日はこの辺で。

投稿者: Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です