入門編:初心者から始める仮想通貨

頭の中でレート換算しなくなった時、人は仮想通貨のネイティブユーザーになる

私にとって「円」や「米ドル」は骨髄にまで浸透しているので、レート換算せずに価値を想像することができますが、他の通貨、例えば「オーストラリアドル(AUD)」などは慣れていないので脳に価値を想像させることができなく、一度頭の中で「円」に換算する必要があります。

以前オーストラリアのスーパーに行ったときに、コカコーラの値段を見たら「3 AUD」だったことを覚えているのですが、すぐに価値が分からなく、(当時の対日本円レートは90JPY/AUD)頭の中で「3 x 90 = 270 円」と計算してやっと「え?コーラが270円?高けぇ〜」って思ったわけです。(脳が処理するまでに遅延がある)

つまり3 AUDが高いのか安いのか、私の中では最初は分かっていなく、円で考え直して初めて「高い!」と感じたということです。

しかし、当たり前ですけど、オーストラリアに住んでいる人達は3 AUDをわざわざ他の通貨のレートに換算して、そこから高いか安いか判断しているわけではなく、AUDそのものの数字を見ながら3 AUDのコーラは高いのか安いのか普通なのかを見極めています。言語と同じで頭の中では変換プロセスは一切起きていないわけです。つまりオーストラリアの人達はAUDそのものの数字をそのまま理解することができるのです。

仮想通貨もそのままの数字を見て理解できる人が出てくる

ビットコインにも同じことが言えます。例えばスーパーでコーラが「0.001BTC」で売っていたら、現時点で多くの人は一旦円に換算して、そこから高いのか安いのか普通なのかを見極めてしまいます。

なぜなら多くの人はまだビットコインには慣れていなく、円に翻訳する思考をまだやめられていないからです。

しかし、ビットコインがさらに浸透したら、(オーストラリアの人達がAUDの数字をそのまま理解できるように)ビットコインの数字をそのまま見て価値を理解できる人間が一定数必ず現れます。そうすると世界はどうなるのか?

答えは「通貨のマインドセットシフト」が起きます。ビットコインの数字が一人歩きするようになるわけです。「コーラが0.001BTC? 高すぎるよ。俺はコーラに0.0005BTCまでしか出せないな」という人も出てくれば、「コーラが0.001BTC? こんなもんでしょ!」という人も出てくれば、「コーラが0.001BTC? 安すぎる。てっきり0.002 BTCくらいするかと思ってた」という人も出てくるのです。

ここまでくれば、ビットコインは人々の間に浸透したということなので、法定通貨を使わない人達がぞろぞろ現れます。

まとめ

ビットコイン建て決済が広まれば広まるほど、通貨のマインドセットシフトは早く起きるようになります。最初は商品を円ベースのビットコイン価格で値付けしていたとしても、いつの間にか「円ベース」にするのを忘れちゃったという感じになるでしょうね。

日系アメリカ人(2世、3世)が日本の文化や言語をどんどん忘れていってしまうように、人々は使い慣れた通貨にどんどんシフトしていくということです。

そう考えると、ビットコイン法定通貨仮想通貨取引所は現在の過渡期を過ぎたら衰退していく可能性もあると言えますね。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、早めにビットコイン建て決済を取り入れ、ビットコイン建ての支払いや受け取りに慣れておくことをおすすめします。

また、あなたにもし子供がいれば、子供には早めにビットコインのことを教えておいた方が良いでしょう。そうすることで子供達がより早く仮想通貨のネイティブユーザーになれることでしょう。お金の教育は学校ではしてくれませんからね。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-入門編:初心者から始める仮想通貨