OpenledgerアプリがiOSで公開された。

早速入れてみた。
アカウントモデルだけではなく、ウォレットモデルのアカウントも取り込めるようだ。
まずはパソコンからOpenledgerにログインして、
その後にSynchronize Walletのボタンを押すと、
プライベートキーをiPhoneでスキャンするためのQRコードが出てくる。
このQRコードをiPhone側から読み込むと、iPhoneからOpenledgerにログインできるようになる。
iPhoneの画面にも書いてあるが、BitSharesアカウントのプライベートキーはデバイスのローカルにとどまるとのこと。
早速Openledgerのアプリを試してみたが、BTSやその他のアセットを他の誰かに送金したり、オープンオーダーのキャンセルや、アカウントのトランザクションヒストリーを見ることができる。
iPhoneで手軽にBTSやその他BitShares上のアセットを管理できるようになったということで、これでリアルで出会う人間とBTSやその他アセットのやり取りをしたくなる。
BitSharesでは相手のアカウント名を手動で入力するのもそこまで問題にはならないけれど、一応1文字違いで間違えたりしないように、カメラでスキャンするような機能は欲しいところだ。
今後しばらくはOpenledgerアプリをテストしていこうと思う。
以上。