レーベルに進化しました。

オーバーハンドグリップとプロネーショングリップの関係

avatar 筋トレの基礎知識
この記事は約1分で読めます。

オーバーハンドグリッププロネーショングリップは、基本的に同じグリップ方法を指しますが、微妙な違いがあります。

  1. オーバーハンドグリップ
    • 一般的な用語で、手のひらを下に向けて握る方法を指します。
    • 主に筋トレや重量挙げの文脈で使われる用語です。
  2. プロネーショングリップ
    • より専門的な用語で、前腕を内側に回転させた状態でのグリップを指します。
    • 解剖学的な観点から、前腕の回内(pronation)の状態を強調しています。

つまり、オーバーハンドグリップはプロネーショングリップの一種と言えます。ほとんどの場合、これらの用語は互換的に使用されますが、プロネーショングリップの方がより正確な解剖学的状態を表現しています。

実際のトレーニングでは、オーバーハンドグリップという言葉がより一般的に使用されますが、医学的または生体力学的な文脈では、プロネーショングリップという用語が好まれることがあります。

この違いを理解することで、グリップ方法とそれに関連する筋肉の動きをより正確に把握できます。トレーニングの目的や対象となる筋肉群に応じて、適切なグリップ方法を選択することが重要です。