アルトコインの知識

長期的には法定通貨へのペッグは見当違いな目標である

Fiat currency法定通貨)にペッグするAssetに多くの人の間で注目が集まっています。

人はFiatペッグした仮想通貨Fiatの安定度を誇りながら、仮想通貨の自由さが堪能できて素晴らしいと言います。

しかし、長期的な目線で考えるとFiatペッグを続けるのは仮想通貨の基本理念である「decentralization(非中央化)」に反してしまいます。

なぜなら、国が担保している通貨の価値を当てにしている時点で仮想通貨は次のステージには進めないからです。

仮想通貨が本当の力を発揮するのはUSDなどの基軸通貨と呼ばれるFiat currencyの支配から完全に独立したときだと私は考えます。

金(ゴールド)や銀(シルバー)などのコモディティが何百年も何千年も価値を保ち続けたように、仮想通貨もゴールドやシルバーのような存在になる必要があると思います。

これを可能にするのがBitSharesネットワークの中で作られるBitAssetのBitGOLDやBitSilverです。BitGOLDは金の価格に追随し、BitSilverは銀の価格に追随します。

これらのBitAssetが広まっていけば、純粋なfree market(自由経済)が誕生します。

短期的にはBitUSDなどの通貨に比べたら取引量は少ないかも知れませんが、長い意味で言えば本当の自由を手に入れることができるようになります。

それは、世界中の人とゴールドやシルバーをデジタル形式で交換できるようになります。別に金の延べ棒を持ち歩かなくても、金を持ち歩いているのと同じことができます。別に金を少量だけ溶かして取引相手に支払うなんてことしなくても、簡単にウォレットから送付ができます。

仮に米国の国策が失敗して米ドルの価値が地の底に落ちて、日本円が道連れになっても心配しなくて済みます。銀行の預金封鎖に遭っても、日本円のハイパーインフレに遭っても、国によるデノミ政策に遭っても、価値を交換する媒体をなくさずに済みます。

BitAssetにより国に縛られない経済を作っていくことができるのです。

とはいえ、短期的にはFiatとのペッグはちゃんと機能するとは思います。なぜなら未だに多くの人はFiatへの絶大なる信頼を置いているため、Fiatが通貨として死んでゆくまでにはタイムラグが発生するからです。

仮想通貨のユーザーが増えれば増えるほど、Fiatペッグする意味がなくなっていきますから、仮想通貨のユーザーがどれくらいのスピードで増えていくかによっても、Fiatの余命が変わってくると思います。

いずれにせよ、ゴールドやシルバーなどのコモディティは供給量が限られており、採掘がどんどん難しくなることから、長期的にはデフレを起こし、価値が半端ないことになっていくでしょう。このようにさらなるデフレを将来起こすであろうコモディティの価値を追随する金融資産を持っておくことで、長期的には国に頼らずに生きていくことが可能になるでしょう。

とにかくいま申し上げていることは何十年後の未来の話とかではなく、いままさにこの地球上で起きていることだということに気付きましょう。そして、金融資産を持つなら早ければ早いほど良いことを覚えておきましょう。

政治家が理解する速度よりはるかに早い速度で科学技術が進歩しているので、法律が追いつく前に世界中のシステムが根本から変わってしまうでしょう。

このとき、あなたは新しい世界の流れについてこれているか、それが問題なのです。