仮想通貨ウォレットの知識

ビットコインのペーパーウォレットのメリットとデメリット

ペーパーウォレットビットコインパブリックキープライベートキーを紙に印刷して保存するタイプのオフライン型のウォレットです。

今回はペーパーウォレットのメリットとデメリットについて解説していきます。

ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットはインターネットに接続されていないため、プライベートキーの証拠を何らかの形でインターネット上に残すなどのヘマさえしなければハッキングの被害に遭うことは基本的にはありません。そのため、セキュリティは高いと言えます。

ペーパーウォレットの中にある残高を使うには(プライベートキーをオンライン上に)復元しないといけないため、簡単に使わないで済みます。そのため、長期保存に向いていると言えます。

ペーパーウォレットのデメリット

・万が一ペーパーウォレットをなくしたり、物理的に盗まれたりすれば、プライベートキーごとなくすことになるので、ビットコインを復元することができなくなります。

・紙という媒体は保存状態によって劣化します。紙が劣化したり、インクがかすれて読めなくなったりすると、スキャンに失敗して復元できなくなることがあります。

-仮想通貨ウォレットの知識