Genx Notes

仮想通貨&トレーディング

コラム・オピニオン

欲しい現実をマニフェストするための7つのステップ

2019/06/14

下記の動画はYouTube上にある全ての動画の中でも、最もパワフルな動画の一つだと言えます。

この動画ではあなたが願う事柄を現実化するために必要な7つのステップをバシャールが解説しています。この動画を繰り返し、何回も何回も聞くことで、マニフェストするための考え方が手に取るように分かるようになります。この考え方を表面意識、つまり「頭で理解」するだけではなく、潜在意識にまで浸透させることができたら、あなたの世界は永遠に変わり、好きなことを好きなだけマニフェストできる世界が手に入ることでしょう。

7つのステップ

Vision(ビジョン)

頭の中に欲しい現実がマニフェストする図を思い浮かべることです。全てはここから始まると言えるでしょう。逆から言うと、あなたに想像がつくことで、それがあなたが欲するものであったら、現実化できないものはありません。それがあなたの持ったマインドのパワーです。

Desire(願望)

その事柄が欲しいと思う感情のことです。感情はマニフェストするために必要なガソリンだと思ってください。どんなに素晴らしい性能の車を持っていたとしても、ガソリンがなかったら車は走らないように、「絶対に手に入れるんだ!」という強い感情を内側からパンピングする状態が必要です。

Belief(ビリーフ)

マニフェストできると心の底から信じる状態が必要です。当サイトでも散々ビリーフについて取り上げていますが、あなたのビリーフシステムが許さないもの、できないと思ったものは絶対にマニフェストしません。必ず達成できるという確信が得られるまで、ビリーフの書き換えを行なっていくことが大切です。

Acceptance(受け入れる)

ビリーフを書き換えたら、新しいビリーフがあなたの中で働いているということを「知る」ことが必要です。頭で考えるのではなく、知ることです。古いビリーフがあなたの人生で自動的に発現していたように、今度は新しいビリーフが古いビリーフを取って代わったことをそのまま丸ごと受け入れましょう。

ここまでの4つがマニフェストするための「初期設定」だと言えます。ここからは現実にマニフェストするために必要なステップです。

Intention(意図する)

マニフェストするためには、マニフェストするという完全なる意図が必要です。偶然に物事が起きることを漠然と願うのではなく、意識的な選択で決めるようにし、虫眼鏡で光を集めるように「フォーカス」してください。フォーカスするということと、努力することとは全く違います。努力するのではなく、意図的に選択して、マニフェストすると決めてください。これは決めなのです。

Action(行動する)

その事柄が既に現実化した自分を先取りして、その自分がするであろうことを現実より先に持ってくることが必要です。現実がいまどうなっているかは一切関係なく、未来の自分を今に持ってくるのです。「いつかそうなりたい」ではなく、「既にそうである」状態を今作ることが大切です。

Allowance(許可する)

マニフェストすることを完全に許可した上で、期待を100%手放すことです。結果を期待する心を完全に捨て去り、宇宙に委ねることでパラドックスの力を使うことができます。昼と夜、光と暗闇、両極の真ん中に無心で座ることができるバランスステートでいることができれば、マニフェストは「努力なし」で起こるようになります。

多くの人はマニフェストするには大きく努力する必要があると勘違いしていますが、頭の中でクリアなビジョンを持ち、強い願望を持ち、必ず叶うというビリーフを持ち、新しいビリーフが自分の中で働いているということを完全に受け入れ、完全なる意図を持ち、既に現実化した自分を先取りし、結果を期待することをやめたら、努力は必要ありませんし、欲しい現実がマニフェストし放題になります。

-コラム・オピニオン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。