信用取引や先物取引で「売り」のポジションを持つことを指します。日本語では「空売り」とも言います。
普通は買って、買ったモノを売ります。でもショートでは最初に手元にないものをどこかから借りてきてそれをそのまま売り、あとで買い戻して借りたものを返却するのです。
現物取引の場合は実物を売却するため、ポジションがゼロ以下になることはないので、「ショートする」とは言いません。