BitShares上級編

USD Tetherを保管するならOpenledgerがいいね

Tether USD(USDT)という仮想通貨があります。

Tether USDは1米ドルとペッグしているので、1USDTは1USDとほぼ同等に考えることができます。

Tether USDはビットコインブロックチェーンを使って(Omni Layer仮想通貨を送信する仕組みになっているので、従来の銀行システムを一切介さずに「限りなくドル価値に近いコイン」を国境をこえて送付することができます。Tetherについてはこちらの記事で詳しく解説しています

TetherはPoloniexでも高い出来高を誇っていますし、Tetherは「大衆や中央集権型取引所から選ばれている感」があるので、今後は無視できない存在になっていくとは思っていますが、どうしても私にはTetherのウォレットがとっつきにくかったわけです。

Tetherはウェブウォレットとは別にiOS WalletやAndroid Walletも出しているので開発環境も素晴らしく、今後ものびしろがあるとは感じるものの、ウォレットを作成するまでに個人情報をたくさん入力しないといけなかったり、ウォレットの機能が国によって制限があったりと、ウォレット自体に「中央集権的」な匂いがプンプンするわけです。

Tether自体が中央集権的な側面があるというのに、ウォレットまでモロ中央集権的な匂いがしてしまうと、私は何となく敬遠してしまうのです。いつウォレットに新たな制限がついたり、仮想通貨の送受信がロックされたりするか分かりませんからね。

だからと言ってTetherを扱うなら、ウォレットを作らないわけにもいかないですし、大量に、または長期間Poloniexのアカウントの中に放置しておくのも気が引けますから、こういうときはOpenledgerを使うのが良いと考えています。

Tetherを大量に保有するとき、またはTetherをある期間を超えて保有するとき、OpenledgerOPEN.USDTとして入れておけば、IOUとは言えど自分でプライベートキーをコントロールできるので、せめてウォレットだけでも非中央集権的になりますし、Tetherの公式ウォレットを使うよりは気持ちが楽です。そう考えると、Openledgerは心に優しくて素晴らしい。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-BitShares上級編
-