レーベルに進化しました。

ビートメイキングにおいてMIDIトラックをスウィングさせる方法

avatar ビートメイキング
この記事は約3分で読めます。

ビートメイキングにおいて、スウィングリズムに感情を加えるための重要なテクニックの1つです。スウィングは、ビートを不規則にすることによって、より人間的で自然な感覚を与えます。MIDIトラックをスウィングさせることは、手動でリズムを操作するよりもはるかに簡単で正確な方法です。以下では、MIDIトラックをスウィングさせる方法について解説します。

1. DAWのスウィング設定を利用する

ほとんどのDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)には、スウィングを調整するための設定があります。これらの設定を使うことで、MIDIトラック全体にスウィングを加えることができます。DAWのスウィング設定には、スウィング量とスウィングのタイプを調整する機能があります。スウィング量は、リズムをどの程度スウィングさせるかを決定します。スウィングのタイプは、リズムをどのように変更するかを指定します。ほとんどのDAWには、スウィングのタイプとしてトリプレットシックスティンスノートなどが用意されています。

2. MIDIエディタを使用する

MIDIエディタを使用して、個々のMIDIノートのタイミングを微調整することで、スウィングを作成することもできます。これは、DAWのスウィング設定よりも高度な技術を必要としますが、より細かいスウィングを作成することができます。MIDIエディタを使用する場合は、ノートのオフセット量を微調整することで、リズムにスウィングを加えることができます。この方法では、トラック全体にスウィングを加えるのではなく、個々のノートに対してスウィングを加えることができます。

3. スウィング用のMIDIプラグインを使用する

スウィング用のMIDIプラグインを使用することで、より高度なスウィングを作成することができます。これらのプラグインは、MIDIトラックに適用され、リズムをスウィングさせるための独自のアルゴリズムを使用します。スウィング用のMIDIプラグインには、Groove MachineやMaschineなどのDAWに統合されたものがあります。また、別途ダウンロードして使用することもできます。スウィング用のMIDIプラグインを使用する場合、DAWに統合されたものは、DAWのインストゥルメントラックに追加するだけで使用できます。別途ダウンロードしたプラグインを使用する場合は、DAWのプラグインマネージャーにプラグインを追加し、インストゥルメントラックにプラグインを割り当てる必要があります。

スウィング用のMIDIプラグインは、グルーブを設定するための多数のパラメーターを提供します。これには、スウィング量、スウィングタイプ、グルーブの速度、ダイナミクスなどが含まれます。これらのパラメーターを調整することで、スウィングの種類やグルーブの深さを細かく調整することができます。

4. ローテーションシステムを使用する

ローテーションシステムを使用することで、MIDIトラックにスウィングを加えることができます。ローテーションシステムは、ドラムパターンをスウィングさせるためのシステムで、リズムを回転させることでスウィングを作成します。ローテーションシステムを使用する場合、ドラムパターンをMIDIトラックにインポートし、スウィングを加えるためのパラメーターを設定します。

まとめ

以上が、MIDIトラックをスウィングさせる方法です。DAWのスウィング設定やMIDIエディタを使用する方法は、比較的簡単にスウィングを作成することができます。スウィング用のMIDIプラグインを使用することで、より高度なスウィングを作成することができます。また、ローテーションシステムを使用することで、ドラムパターンにスウィングを加えることができます。これらの方法を使用することで、リズムにスウィングを加え、より人間的で自然な感覚を作り出すことができます。