に投稿 コメントを残す

BCHをSmartBCHに非中央集権的に動かせるようになる必要があるね。

SmartBCH、楽しみにしているんですけどね、

今のところSmartBCHのブロックチェーンに動かせるのがcoinFLEXしかないという感じですよね。

prompt.cashとかもあるらしいですけど、これって現時点ではあまり使いたくない感じがします。

だからね、非中央集権的にBCHからSmartBCH (SEP20形式)に動かせるようになる必要があるように思っています。

時間の問題かなとも思いますが、

なんか他にも良い方法があれば良いんだけどねぇ。

に投稿 コメントを残す

oasis.cashってNFT作れるの?

oasis.cashってExploreというボタンがあるんだけど、

NFT作ったり、出品ってできないのかな?

今はもしかして買うだけって話なのかな?

もしそうだとしたら、oasis.cash以外でsmartbchチェーンでNFT作れるサイトあれば教えて欲しいなぁ。

に投稿 コメントを残す

SmartBCHチェーンでSEP20トークンを作成する方法

今回はSmartBCHチェーンでSEP20トークンを作成する方法を紹介します。

SLPトークンはBCHチェーンで作成しましたが、

SEP20トークンはSmartBCHチェーン上で作成します。

したがってブロックチェーンが違うので作成方法が違います。

では、方法です。

やり方はsmartSLP Token Managerにchromeで行き、

metamaskにBCH(SEP20)を十分に入れた状態(だいたい100円くらい入れておけば大丈夫です)でアクセスすると、

フォームを記入するだけで作成できます。

SEP20系のBCHをmetamaskに入れるにはBCH to SEP20ブリッジを利用する必要があります。

現時点ではcoinFLEXを使えばOKです。

に投稿 コメントを残す

SmartBCH上のDEXを5つ紹介

SmartbchはイーサリアムのEVMおよびWeb3 APIと互換性のあるビットコインキャッシュのサイドチェーンですが、非常に低い手数料でスマートコントラクトやカスタムトークンを操作することができるチェーンでもあります。

DeFi Llamaによる統計を見てみると、SmartBCHの価値が今日3400万ドルであることを示しています。

なかなかの大きさであります。

今日はSmartBCH上にある5つのDEXを紹介していきます。

続きを読む SmartBCH上のDEXを5つ紹介
に投稿 コメントを残す

BCHからSmartBCH(SEP20形式)へのブリッジ方法

今回はBCHを通常のBCHの形式からSmartBCHに動かす方法を紹介します。

私が調べた方法の中で一番有効な方法は以下となります。

続きを読む BCHからSmartBCH(SEP20形式)へのブリッジ方法
に投稿 コメントを残す

SmartBCHの始め方

SmartBCHについて調べたので、ここに備忘録として残します。

現時点では、SmartBCHを使うには、BCHチェーンから直接送ることはできないようです。

方法としては、CoinFLEXにアカウントを作って、手持ちのBCHを一旦CoinFLEXに送り、その後、SEP20形式で引き出すことです。

metamaskであらかじめSmartBCHの設定をしてSmartBCHのネットワークに接続しておき、

SEP20形式で引き出す際にmetamaskの0xから始まるアドレスに対して引き出せば、SmartBCHが手に入ります。

に投稿 コメントを残す

SEP20とは?

ビットコインキャッシュのサイドチェーンである「SmartBCH」の規格の名称のこと。

イーサリアム形式のアドレスのため、アドレスは0xから始まる。また、SEP20規格のトークンはmetamaskで扱うことが可能。

に投稿 コメントを残す

SmartBCHをMetamaskで設定する方法

今回はSmartBCHにMetamaskから接続する方法について解説します。

Metamask上で以下の設定をしてください。

ネットワーク名
SmartBCH

RPC URL
https://smartbch.greyh.at
または
https://smartbch.fountainhead.cash/mainnet

チェーン ID
10000

通貨シンボル
BCH

Block Explorer URL
https://www.smartscan.cash/

に投稿 コメントを残す

Mixin Messengerをあまり使わなくなった理由

Mixin Messengerでは「4SWAP」というDEXを追加すれば、そこで非中央集権的にトレードできます。

そういう意味では素晴らしいプラットフォームだと思うのですが、

大きな問題があることに気づきました。

それはMixinのネットワークから出金する時の手数料が大きいということです。

特にERC20系コインを出金する時は手数料が非常に大きくて大変というのがあります。

SHIBを出金する際に0.01ETH支払う必要があります。

かなり高額です。(執筆時のレートで$43くらいします)

金時にBCHに交換してから引き出すなどの工夫をすれば安くすることができます(執筆時のレートで$2.80くらい)が、

それはそれで交換時に目減りしてしまうというのと、

実際に違う銘柄にして引き出すというのは面倒臭いというのが挙げられます。

そのため、Mixin Messengerを使用する頻度が下がってしまい、

周りにもおすすめはできなくなってしまいました。

Mixin Messenger内で送受信する場合は無料なので良いのですが、

そもそもMixin Messengerを利用している人が周りには少なく、なおかつMixin Messengerを周りに広めるというのがあまり現実的ではないと、やっているうちに感じてしまったというのがあります。

そのため、最近はMixin Messengerからは結構距離を置いてしまっています。

ちょっと残念ですが、仕方ないですね。