に投稿 コメントを残す

SmartBCH上のDEXを5つ紹介

SmartbchはイーサリアムのEVMおよびWeb3 APIと互換性のあるビットコインキャッシュのサイドチェーンですが、非常に低い手数料でスマートコントラクトやカスタムトークンを操作することができるチェーンでもあります。

DeFi Llamaによる統計を見てみると、SmartBCHの価値が今日3400万ドルであることを示しています。

なかなかの大きさであります。

今日はSmartBCH上にある5つのDEXを紹介していきます。

続きを読む SmartBCH上のDEXを5つ紹介
に投稿 コメントを残す

Polygonネットワークで使えるDEXを3つ紹介

今回はPolygonネットワークで使えるDEXを数種類紹介します。

まず一つ目ですが、

続きを読む Polygonネットワークで使えるDEXを3つ紹介
に投稿 コメントを残す

自分の資産を仮想通貨取引所に送らずにトレードする方法

あなたがもし仮想通貨を保有していて、

トレードをしたいけれど、

bitFlyerやcoincheck等の中央集権型の取引所に仮想通貨を送りたくないと思っているのならば、

これらの取引所に仮想通貨を送らずにトレードをする方法があります。

それはDEX(非中央集権的取引所)を使うことです。

最近De-Fiと呼ばれているものです。

DEXは非中央集権的に動いているシステムで、実際には人間は運営していなく、ブロックチェーンの力で動いています。

さまざまなDEXが登場しては消え、登場しては消え、

現時点で優れているもの、そして使いやすいものが選ばれていきますので、時代が進むにつれDEXのクオリティが良くなっていきます。

現在主流のAMM型のDEXならば、あなた自身がプライベートキーを持つことができるウォレット内(例えばTrustWallet等)から直接取引でき、スワップ(仮想通貨間の交換)自体がブロックチェーン上で行われる仕組みがあるので、カウンターパーティ・リスクを心配する必要がなくなりました。

ETHブロックチェーン上で有名なDEXと言えばUniswapやSushiswapが挙げられます。

Binance Smart Chainブロックチェーン上で有名なDEXと言えばPancakeSwapやBakerySwapが挙げられます。

に投稿 コメントを残す

仮想通貨派の人は現金派の人

最近PayPayやLine Payなどのシステムが台頭してきて、多くのやり取りがキャッシュレスになってきましたね。

かなり便利と言っちゃあ便利なんですが、

実際には全ての取引が履歴に残るので、

それは良いことでもあるし、

悪いことでもあると言えます。

現金派の人がなぜ現金が好きかというと、やっぱり現金はトランザクションが見えないという性質があるからですね。

そして、仮想通貨にはトランザクションは見えにくいという性質があります。

現金は「トランザクションが見えない」、

仮想通貨は「トランザクションは見えるけれど、誰のトランザクションが見えにくい」という性質です。

厳密には「トランザクションが見えない」のと「トランザクションは見えるけれど、誰のトランザクションが見えにくい」は別物ですが、

ある意味、「葉っぱを隠したかったら森に隠せ」という諺(?)通り、

トランザクションが見えにくいという性質はトランザクションが見えないのとすごく近いものだと言えます。

そういう意味では仮想通貨の登場は現金派の人間に残された最後の手段というか、

法定通貨をコントロールしている側の人間に全ての情報を明け渡しくない人々が仮想通貨を使うことで、

完全デジタルな世界で現金と同じような使い方ができるということになります。

ですから、仮想通貨でやり取りをする際にはなるべく自分のウォレットで保管すること、トレードする際にはDEXを利用していくことで自分の資産をコントロールしていくことができるようになります。

に投稿 コメントを残す

BakerySwapとは?

BakerySwap(ベーカリースワップ)はBinance Smart Chainブロックチェーン上に構築されたDEX(分散型取引所)の名称です。

BakerySwapは、AMM(自動マーケットメーカー)形式の取引所に分類されます。

に投稿 コメントを残す

PancakeSwapとは?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)はBinance Smart Chainブロックチェーン上に構築されたDEX(分散型取引所)の名称です。

PancakeSwapは、AMM(自動マーケットメーカー)形式の取引所に分類されます。

に投稿 コメントを残す

大量の仮想通貨を持っている人が自身の資産を仮想通貨取引所に送らずにトレードする方法

あなたがもし仮想通貨を大量に保有していて、

トレードをしたいけれど、

bitFlyerやcoincheck等の中央集権型の取引所に仮想通貨を送りたくないと思っているのならば、

これらの取引所に仮想通貨を送らずにトレードをする方法があります。

それはDEX(非中央集権的取引所)を使うことです。

DEXは非中央集権的に動いているシステムで、実際には人間は運営していなく、ブロックチェーンの力で動いています。

さまざまなDEXが登場しては消え、登場しては消え、

現時点で優れているもの、そして使いやすいものが選ばれていきますので、時代が進むにつれDEXのクオリティが良くなっていきます。

以前はBitShares等のオーダーブック型のDEXが主流でしたが、ゲートウェイに資産を預ける際にカウンターパーティ・リスクを伴うという問題が解決できなかったため、最近はAMM型のDEXが流行るようになりました。

AMM型のDEXならば、あなた自身がプライベートキーを持つことができるウォレット内(例えばTrustWallet等)から直接取引でき、スワップ(仮想通貨間の交換)自体がブロックチェーン上で行われる仕組みがあるので、カウンターパーティ・リスクを心配する必要がなくなりました。

ETHブロックチェーン上で有名なDEXと言えばUniswapSushiswapが挙げられます。

Binance Smart Chainブロックチェーン上で有名なDEXと言えばPancakeSwapBakerySwapが挙げられます。

もちろんあなたの自由ですが、個人的にはETHブロックチェーン上のDEXだと既存のETHの仕組み上どうしても取引手数料が割高になることから、交換手数料が安くて済むBinance Smart Chain上のDEXの利用をおすすめします。

関連記事:おすすめの仮想通貨DEX

に投稿 コメントを残す

4swapとは?

Mixinネットワーク上での自動流動性提供(AMM)のための分散型プロトコル。

つまり、Mixinネットワーク上で走っているDEXだと言える。

Mixin Messenger上でフレンド追加することで利用できるようになる。

4swapのボットIDは7000103537。

に投稿 コメントを残す

Automated Market Maker(AMM)とは?

Automated Market Maker(AMM)は日本に訳すと「自動マーケットメーカー」となり、

取引銘柄の価格設定を数式に依存する分散型取引所(DEX)プロトコルの一種です。

従来の取引所のようにオーダーブックを使用する代わりに、取引銘柄は価格設定アルゴリズムに従って価格設定されます。

ユーザー視点で言うと、仮想通貨販売所で取引しているような感覚でトレードできる。