カテゴリー
仮想通貨トレーディング

オーダーブックのないDEX

DEXも日々進化している。

どのように?

それはオーダーブックがなくても流動性を確保できる仕組みができたからだ。

それはAMMとも呼ばれている。

以前のDEXはユーザーがわざわざに指値を入れて、オーダーブックに注文を入れることによって流動性を確保していた。

でも、昨今のDeFiブームでAMMタイプのDEXが台頭してきた。

このようなDEXではユーザーが資産をプールに預けると、その行為が流動性を提供することになり、交換所として機能する場所が作れるようになった。

ユーザーが資産をプールに預けるためのインセンティブとしては、取引手数料の一部を(プール全体に預けられている特定の資産に対してあなたが預けている資産の割合が自動的に計算される)もらえるというものだ。

これにより、オーダーブックなしでトークンの交換が行えるようになったということ。

つまり「取引所」というよりも「交換所」になり、なおかつ流動性がたくさんあり、さらに仲介者が存在しなくなったため、今までは仲介者が交換レートに対して「利益分」を上乗せして提供していたが、それをしなくて良くなったため、交換レートがより良くなった。

また、誰でも流動性を提供できるというメリットがあるため、

マーケットメーカーが限定されることなく、流動性の確保につながるというわけだ。

進化してますよね〜。

カテゴリー
ニュース

[リマインダー] Bridgecoinは12/31/2018までにCryptoBridgeに送金しておこう。

CryptoBridgeから以下の通知があった。

カテゴリー
コラム

Twitterまとめ(EOSとETHの比較と未来予測)

一応バラバラにならないようにまとめておく。