カテゴリー
コラム

デジタル円がイーサリウムブロックチェーン上にできるのってあり得るのかなぁ?

デジタル円、来るとか来ないとか、色々な話が飛び交ってると思う。

でも、来るとしたら、独自のプライベートブロックチェーン上?それともパブリックブロックチェーン上?

う〜ん、どうだろ。

でもこの記事ではパブリックブロックチェーン上、特に、イーサリウムブロックチェーン上にERC20トークンとして来たらすごいなぁと思ったことを書いてみるね。

「そんなことあるかいな」って思う人もいると思うし、

これは私の想像の世界の話でしかないのだけれど、

もし本当にERC20トークンとして出たらどうなる?

こういうことを考える時に「大きな政府」「小さな政府」という分け方があると思うんだけど、

そうなったら日本国家が「小さな政府」になるよね。

つまり、国家のパワーが少なくて、国民が力を持つ、

つまり、「個人主義が上がる」ってことなんだよね。

パブリックブロックチェーン上にあったら、トークンを好きなだけ刷れなくなるからね。

国力がトークンのパワーとなるから、デジタル円で持つ必要がないと思う人はデジタル円から去る。

福祉のレベルも下がるよね、だって国が支えられる人が少なくなるってことだし、年金の制度もここで終わる。

じゃ「日本やばいんじゃないの?」って思う人もいるとは思うんだけど、そうでもないんだよね。

日本には「土地」っていう最大の秘密兵器があるんだよ。

日本の土地を買っても、土地を買った人が死んだら、それを引き継ぐ人は相続税を払うことになって、大体3代もすれば、国の手元に帰ってくるようになるわけ。

だからね、国はね、日本国土に対して「ERC721トークン」を発行するパワーがあるんだよね。

ERC721という規格を持ってすれば、代替不可能なものをトークン化する力があるわけ。

だから、それぞれの土地の所有権をトークン化したら、仮にデジタル円の価値がそこまで重視されない世の中になっちゃったとしてもね、

ERC721トークンには絶対的に価値がある。だって本物の土地が担保になってるトークンだからね。

カテゴリー
仮想通貨

ETHのネットワーク利用率が97.33%に!

Ethereum、今やばいことになってます。

ネットワークの利用率が97.33%になっています!

https://etherscan.io/chart/networkutilization

みんな「DeFi DeFi!」って叫びながら、

ERC20トークン作りまくったり、分散取引所でトレードしまくったり、送信しまくったりしているってことですよね。

ネットワークコンジェスチョン、起こってきますよね、これから。

下のニュースでは今年の11月にEthereum 2.0が出るとか出ないとか言ってます。

https://decrypt.co/41664/ethereum-2-0-on-track-for-november-launch-says-dev

現在のイーサリアムブロックチェーンは、1秒あたり約14のトランザクションをサポートしています。

だから、めちゃくちゃ混雑してしまう。

でも、上のニュースサイトにも書いてありましたが、Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterin氏は、新しいバージョンのブロックチェーン (Ethereum 2.0)では最終的にトランザクション速度が毎秒100,000に向上すると主張しているようです。

それに、ブロックチェーンの種類をエネルギーを使いまくるproof of work型からproof of stake型に変えるようです。

なるほど。

早く来て欲しいものですね。

じゃないと、2018年辺りにビットコインで起きたネットワークコンジェスチョンと同じような感じになりますよね。

仮想通貨ユーザーがあれから増えているから、それ以上になる可能性もありますよね。

とにかく、ブロックチェーンが新しくなったら、スケールするようになって、手数料も下がり、みんなが高らかに叫んでいる「DeFi」の未来が急激に身近なものになるかも知れませんね。

カテゴリー
仮想通貨

USDT BEP2いいねぇ。

Trust WalletUSDTBEP2があることに気づきました。

アイコンないし、本当に使えるか分からなかったので、BinanceからUSDTをBEP2形式でTrust Walletに送信してみました。

そしたら無事届きました!

出金の手数料安すぎることにびっくりしました。

OMNI(ビットコインのネットワーク)だと$5.22、ERC-20(イーサリウムのネットワーク)だと$4なのに、

BEP2なら$0.025(BEP20なら$0.05)って書いてあって、この違いに愕然としました。

TRC-20TRONのネットワーク)なら$0って書いてあったことにも、それはそれでびっくりしましたけどね。

とにかく今はビットコインのネットワークもイーサリウムのネットワークもトランザクションが増えて忙しくなっていて、

送金手数料は高いし、届く時間もすごい時間がかかるし、良いことなしなので、

BEP2、BEP20、それとTRC20で安く出金できるというのはすごく素晴らしいことだなと思いました。

いや〜BEP2 (Binance Chain)っていいわ〜。

本当にそう思います。

カテゴリー
仮想通貨

BinanceのETHの謎仕様

  1. BinanceでのETH引き出しの謎

は?ETHのTransfer NetworkがBEP2、BEP20、それとERC20しかない。ETHネットワークはどこへ?

ETHはERC20トークンじゃないでしょ、普通に考えて。じゃ、ETHをERC20として引き出したら、wrapped ETHが届くってこと?wrapped ETH届いても困るよね〜。だってGASがなくて動かせなくなるじゃんか。う〜ん、謎。

2. Trust WalletでのWrapped ETHの謎

は?Wrapped EtherとEther Tokenの二つがあって、両方ともWETHシンボルで、両方ともERC20トークン。WETHって二つあるの?謎過ぎる。

ちょっとここら辺、ちゃんと分かるように整理したい。誰か教えて〜。

——

2020.09.16.

答えが分かりました。

こちらに書きました:https://genxnotes.com/forums/topic/20986#post-21196

カテゴリー
仮想通貨

Trust Walletの良いところが分かった。

Trust Walletが他のウォレットと比べて良い点が分かった。

それは何かというと、BEP2トークンに対応しているということだ。

そりゃそうだよね、Binance公式のウォレットなんだから。

ERC20トークンに対応したウォレットは増えてきているので、好きなのを選ぶと良いが、

BEP2トークンとERC20トークンの両方に対応しているという意味でTrust Walletはすごい。

BEP2トークンに対応しているということは、Binance DEXやBinance.comで取引できるコインを自分のウォレットに保管することができるということだ。

話を一瞬変えるけれど、「確かにEthereumは強い。」前からずっと強い。

これからDeFiがでかくなっていって、Ethereumの存在感はさらに増していくと思う。

最近知ったUniswapというEthereum内のDEXもすごい人気らしいし、もうEthereumやばくね?!って感じ。

でもね、BNBも負けちゃいないと思ってる。

Binance.comは多くのユーザーの心を掴んで、絶大なる支持を得ている。

そのバイナンスが作ったプロトコンで作ったトークンであるBEP2トークンは後発ながらすごく良いプロトコルだし、Binanceで主に取引するユーザーならERC20トークンを持つより、BEP2トークンで持っている方がより楽に資金移動ができるっちゃできる。

EthereumのGASが高くなってきたから、ERC20トークンで保有するんじゃなくて、BEP2トークンで保有するっていう人も出てくると思う。

今後は「Uniswap VS Binance DEXのどっちが勝つ?」みたいな論議になったとしても、私はどちらかがどちらかをまるごと食ってしまうというレベルには至らないと思ってる。

どちらかというと、共存しあえるブロックチェーンだと思っている。

Amazonと楽天がどちらかを完全に淘汰させてしまうような事態にはならなさそうなのと一緒。

イメージが伝わるかなぁ?

そんな感じで、BEP2トークン、今後は結構流行っていくんじゃないかな?

カテゴリー
仮想通貨

Trust Walletでトークンを送信する時に必要なETHガス料金って何?

まず最初に

Trust Walletではサポートされている場所であればどこにでも送金できます。

原則として、Trust Wallet自体は送付料金を請求しませんが、取引を行う前に、少額の手数料が必要になります。

これは、トークンが存在するブロックチェーンまたはネットワークによって決められているルールだからです。

Ethereumネットワークでは、トランザクションが認証されるためには、マイナーがその取引を承認する必要があります。

Gas (ガス) とは?

ガスという用語は、Ethereumネットワークで使用される価格設定のメカニズムのことを指します。

このメカニズムは、トランザクションを実行するか、スマートコントラクトの操作を実行するためのコスト(料金)を計算して算出します。

Trust Walletでは、これらのガス料金を「Network Fee (ネットワークフィー)」と呼んでいます。

Trust Walletで扱われているERC20トークンはイーサリアムネットワーク上にあるため、トランザクションを処理するために一定量のETHを一緒にウォレットに入れておくことが必要です。

つまり、トークンだけでトークンを別の場所に送付することはできなく、トークンを送るための手数料はETH建てでかかるため、ETHも入れておかないとトークンを動かせないということです。

Trust Walletではガスの価格とガスのリミットを自動的に設定しますが、場合によっては、ユーザーが必要に応じて手動で調整することもできます。

これを覚えておいてください:フィーはマイナーに支払われます。トランザクションをすばやく承認する必要がある場合は、より高いガス代を支払うように調整できます。これにより、認証者(マイナー)が他のトランザクションよりも前にあなたのトランザクションを認証するように奨励されます。同様に、ガス料金を低く設定すると、マイナーがそれを認証するインセンティブが下がるため、トランザクションのスピードが滞る可能性があります。

ETHガスのトラッカー(追跡ツール)

Ethereum Gas Trackerを使えば、Ethereumネットワークで現在のガス使用量を確認できます。

ここを見れば、トランザクションを正常に送信するために推奨される最低ガス料金を知ることができます。

カテゴリー
コラム

The EOS21 Protocolの発表でEOSへの大移動が始まるか?

shEOSというEOSのblock producerにより、The EOS21 Protocolが発表された。

カテゴリー
コラム

Twitterまとめ(EOSとETHの比較と未来予測)

一応バラバラにならないようにまとめておく。

カテゴリー
仮想通貨

EthereumのERC 20トークンを保管できるウォレット

今回はEthereum内のERC 20トークンを保管するためのウォレットを紹介します。

カテゴリー
仮想通貨

EthereumのMist Walletを使わずにETHとトークンを管理する方法

当サイトに訪れる多くの方がイーサリアムの「Mist Wallet」に苦戦しているようです。