チャートを見て、売買を判断する人、多いと思います。

テクニカル分析ってやつです。

でもですよ、

チャートはいわば「過去」なんですよね。

でも「過去」と「現在」は全く関係がない。

もし「現在」が「過去から抜け出せない」のなら、

ずっと全てはチャートの範囲内に収まるはずです。

でも、実際にはチャートの範囲に収まることなんてないんですよ。

例えばですよ、1ビットコインは$0.1だった過去はありますが、今は1ビットコインは$11000です。

つまり、ビットコインは何度も何度も「過去を乗り越えてきた」というわけですよね。

過去のチャートの範囲内から抜け出せないのなら、いつまで経っても$0.1の高値を抜け出せないわけですから。

でも実際にはどんどん高値は更新されている。

だから、私が思うに、「チャートを分析してここで買う、ここで売る」ってやるのは人間が左脳で考えた小細工に過ぎないんですよね。

本当はもっともっとズームアウトして、全体像や将来性を考える必要がありますよね、チャートを見ずにね。

ファンダメンタル分析とも言いますね。

じゃ、チャートは関係ないのか?

と言われると、

チャートは関係ないとまでは言いませんが、

チャートに惑わされ過ぎないようにするのが良いですね。

そう思います。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら