アルトコインの知識

法定通貨を仮想通貨化した「Tether」

TetherはFiat currency法定通貨)と一対一の価値を持ちながら、ビットコインブロックチェーン上で稼働している仮想通貨です。

例えば、1USDT(Tether USD)は常に1USD(米ドル)と同じ価値を持ちます。また、Tetherは複数のFiat currencyに対応しているので、USDだけに限らず、EuroやYenバージョンもあります。

ブロックチェーンで稼働しているということは、銀行を介さずに法定通貨を他人、国家間であってもローコストで送付(送金)することができるということです。

仮想通貨でありながら、法定通貨の安定度を誇るという意味では、実質BitUSDなどと同様の使い方が想定できます。(法定通貨とのペッグの保ち方は通貨によって異なるので、それぞれの仮想通貨ペッグの仕組みについては理解しておきましょう。)

Tetherのペッグの保ち方

いま市場に出回っているTetherは全てFiat currencyでbackingされています。Tether Limited(香港にあるTetherの運営会社)がユーザーからFiatを預かったら、同額のTetherを発行します。逆にユーザーがTetherをFiatに換金するとき、換金した分のTetherは破壊されます。つまり、Tether Limitedが保管しているFiatのリザーブ(Tether Limitedの銀行残高)と市場に出回っているTetherの値は常に一致するということです。これがTetherのFiatとのペッグの保ち方です。

Tether Limitedはリザーブの状態を日々公開しているので、「リザーブのレポートを見てsolvency(支払い能力)があることを信用してくれ」と言うスタンスを取っています。これをTether LimitedはProof of Reservesと呼んでいます。これはビットコインの価値をロックインする店頭取引ってどうなの?の記事で紹介しているBitReserveとやり方は同じです。BitReserveはProof of Solvencyと呼んでいますが、やっていることは同じで、リザーブをオープンに公開することで支払い能力をユーザーに証明しようとしているのです。

Tetherのユース・ケース

私がTetherに注目している理由はPoloniex、Bitfinex、ShapeShiftなどの素晴らしいサービスで既に利用することができるからです。

Poloniex

Poloniexは多くの仮想通貨間取引を扱う取引所です。

PoloniexではBTC/USDTという通貨ペアをトレードすることができます。このBTC/USDTの市場は革新的です。BTC/USDTBTC/USDと同じように取引できる上に銀行を使わずにどちらの通貨の入出金もできるので、日本にいながらしてドル建てのトレードがスムーズに取引可能になります。既に出来高が伴っていますし、これからが楽しみなマーケットと言えるでしょう。

Bitfinex

Bitfinexは香港ベースの巨大ビットコイン取引所です。

Bitfinexでは認証済みのユーザーに対してTetherでの入出金を受け付けています。したがって、TetherがあればBitfinexにFiatを入出金でき、世界トップクラスの流動性を誇る市場でビットコインが取引可能になるのです。Tetherのおかげで国境が一瞬にして消えてしまいますね。

ShapeShift

ShapeShiftはアカウント作成なしで仮想通貨間の交換することができるサービスです。

ShapeShiftでは仮想通貨をTetherに交換することができます。したがって、複雑な仮想通貨のポートフォリオを持っていたとしても、スムーズにFiat建ての通貨に交換することができます。

Tetherのリスク

Tetherは一つの会社がリザーブを管理していることから、カウンターパーティ・リスクは存在します。

・Tether Limitedが潰れる可能性がある
・Tether Limitedが利用している銀行が潰れる可能性がある
・Tether Limitedが利用している銀行が資金を差し押さえる可能性がある
・Tether Limitedが資金を持ち逃げする可能性がある

このようなことから、リスクを無視して盲目的に利用するのはいけません。Tetherを利用するなら、それに伴うカウンターパーティ・リスクをあらかじめ理解した上で賢く利用しましょう。