仮想通貨取引所の知識

仮想通貨の価格が上下する理由

仮想通貨の価格が上下する理由は需要と供給のバランスが常に変化しているからです。

市場には投資家、投機家、仮想通貨現物が実際に必要な人など、思惑の違う人達が入り混じっています。それぞれの思惑の違いが需要と供給のバランスの変動する原動力となり、それに合わせて価格が変動していきます。

また、同じ原資産を扱う別の取引所と比べたときに、市場に参加している人達が違うことや取引所毎に別のオーダーブックを使用していることが理由で、一時的に取引所間で価格差が発生することがあります。

価格差が生じたら自然発生的に裁定取引(安いところで買って、高いところで売って利益を出す取引)を行う者が現れるので、取引所同士が影響(連動)しあって、価格が調整されていきます。裁定取引のことを英語でアービトラージと言います。

さらに、仮想通貨の種類によっては採掘で供給量が増えていくものもあるので、(採掘者は仮想通貨の一部を電気代にあてるために)いまは力が売りの方向に働きやすいといった傾向があります。

仮想通貨を採掘できる量が減ったとき、また採掘自体ができなくなったときに、需要と供給のバランスがどのように変化するのかは未知数です。こればっかりは実際に起きてみないと誰にも分かりません。

このようにして、仮想通貨の価格は日々変動していくのです。