信用取引・先物取引・短期投資の考え方

損切りの重要性

信用取引を行うならば、ストップ注文を発注しておいて、損切りをする準備をしておくことがとても重要です。

ストップ注文を発注することなくトレードをするのは命綱無しで綱渡りをするものです。

ストップはあなたの命を助けてくれます。とくにレバレッジをかけたトレードをする場合は、必ずストップは設定しましょう。

熟練されたトレーダーならば頭の中にストップするラインをあらかじめ決めておいて、実際にはストップ注文を市場には発注しないといったことをすることもできますが、鉄のマインドを持ったトレーダー以外は実際にストップ注文を市場に発注しておきましょう。

信用取引の場合は一つ一つのトレードが勝ちになるか負けになるかは確率の問題です。

関連記事: トレーディングを統計学の確率論で考えることの重要性

そのため、負けトレードは潔く捨てて、さっさと次に行くと言った戦略を取るのが有効です。

負けトレードを無理やり勝ちトレードに変えようとナンピンしようとしてはいけません。

現物取引ならナンピンが攻略のキーポイントになりえますが、信用取引でのナンピンは自殺行為です。

信用取引現物取引ではそもそも前提が違います。

現物取引では実物の交換を前提としていますが、信用取引では差金決済を前提としています。そのため、戦略が違ってくるのは当たり前のことなのです。

関連記事: 現物取引(スポット取引)と信用取引の違いとは何か

信用取引では負けを認め、負けトレードはすぐに捨てないと、相場は容赦なくあなたを地獄に突き落としてしまいます。

必ず損切りをすることに徹してください。

-信用取引・先物取引・短期投資の考え方