売るタイミングが勝負を決めるでは、売るときには感情を入れてはいけなくて、売るべきときに売ってしまうことの重要性を解説しました。
では今回は自己都合を重視した場合に起きる心の葛藤とその危険性、またその解決方法について詳しく解説していきます。

利益確定の売りのときに起こる心の葛藤

例えば、あなたが金融商品を買っていて、価格が上昇し、含み益を出ている状態にいたとします。
ここで価格上昇の勢いが落ちてきたとして、「もしかしていまがピークで、そろそろ価格は反転するかも?」と思ったときに、素直に売りを出せる人なら問題はありません。
しかし、ここで自分の都合を優先して、「もう少し利益が取れるまで待ってみよう」と考え、希望的観測であと数ティックの上昇を待つ人は赤信号が点滅しているので、いますぐにやめてください。
この数ティックを待つ行為が将来の死を招いてしまいます。
ここでよく理解しておいて欲しいことは、「あと数ティック上がったら利益を確定させよう」という考え自体があなたの勝手な都合であるということです。
希望的観測であと数ティックの上昇を待っても、相場は勢いをなくしてきているわけですから、あなたが売りたい価格にはもう届かない可能性があるわけです。
もちろん、待ってみたらその後価格が上昇して、思った通りの価格で利益確定ができたということもあるとは思いますが、それはあくまでも結果論に過ぎません。
問題は、あなたの都合で利益確定のポイントを定めてしまったことにあります。
「利益確定したから結果オーライ」で済ませてしまうのはとても危険なことだということを認識してください。なぜなら、このようにして下手に利益を出してしまうと、あなたは「自分の都合で利益確定ポイントを決めても良いんだ!」と思い込むようになり、癖になってしまうからです。
では、こういうときどうすれば良かったのかというと、欲張らずに売ってしまうことでした。
考えるべきことは、価格はまだ上昇する可能性が高いのか、それとも価格がこれから下落する可能性が高まってきているのかという点だけです。
価格が下落する可能性が高まっているのであれば、買いを持っている理由がなくなるので、潔く利益を確定してしまうのが良いです。
じゃ価格のこれからの動きを予想するにはどうすればいいのかというと、それには「チャート」を使ってください。
チャート上であなたが売ろうとしている価格はあり得るのかどうか、過去に起きた事実を元に読み取るようにしてください。
その価格には届かない可能性が高いと思ったら希望的観測で掛けに出てしまってはダメです。それこそ、トレードをギャンブルとして扱ってしまっているので、心を改めないと大損する日は近いです。

損失確定の売り(損切り)のときに起こる心の葛藤

では、次は損失を確定させる損切りのときに関して解説していきます。
トレードの世界では損切りを上手くこなし、損失を最小限に抑えることは命を守ってくれることに繋がるのでとても重要なコンセプトです。
しかし、損切りは損失を確定させてしまうことから心の痛みが伴います。したがって、「もう少しだけ含み損が減ったら損切りする」と考えてしまいがちになります。
このようにすると、含み損を減らすどころかどんどん増やしてしまうことになり、最終的には大きな損失を確定させるはめになってしまうのです。
ここで理解しておいて欲しいことは、「もう少しだけ含み損を減らしたら損切りする」という考え方自体があなたの勝手な都合であるということです。
考えるべきことは、価格はこれから反転する可能性が高まってきているのか、それとも価格はこれからも下落を続ける可能性が高いのかという点だけです。
価格がこのまま下落を続ける可能性が高いのであれば、買いを持っている理由がなくなるので、潔く損切りを行ってしまうのが良いです。
そのため、損切りの場合もしっかりとチャートを見て、根拠に基づいて行わなければなりません。
損切りは損失額が少ないうちに行わないと、痛手を負うことになるので、損切りすると決めたら素早く行うようにしましょう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら