Categories: コラム

クレジットカードを正しく使う唯一の方法

暗号資産の存在感を大きくなってきているとはいえ、まだFiat法定通貨)を使う日々はしばらくは続くかも知れません。
なぜなら法定通貨は多くの人の間で安定した通貨として盲目的に信じられているからです。
そして法定通貨の世界ではクレジットカードという決済方法があり、その決済方法には「後払い」という性質があることから、多くの人はその使い方を誤ってしまい、お金に翻弄された人生を送るようになってしまいます。
そのため、クレジットカードは危険なもの、手を出してはいけないものだと人々に勘違いされてしまうのです。
結局はお金の使い方が分かっていないだけなのです。
でも使い方さえ誤らなければ、クレジットカードは便利なツールなのです。(暗号資産ほど便利ではありませんが。)
では、何が正しい使い方なのかを説明します。
それはクレジットカードを使った瞬間に現金を使って取引したものとして扱うのが正しい使い方です。
クレジットカードはお金を無から製造する魔法のカードではありません。むしろクレジットカードは「借金」なので、使った分はきっちり支払わなければなりません。そこは軽視せずに、仕組みをちゃんと理解しましょう。
ですから、使った瞬間に現金を使ってしまったということを意識するようにしてください。
そうすれば、いま持っているお金の範囲でしか使わなくなります。そうすれば使い過ぎることはなくなりますし、危険度は一氣に下がります。
クレジットカードはまだ手に入っていなくて近い将来手に入るであろうお金(例えばサラリーマンなら来月のお給料)をあてにして使い始めると地獄を見るようになります。
なぜなら返済の方法が自転車操業になってしまうからです。
もし、頭の中だけで「現金をいま使った」と意識をするのが難しいのなら、毎回クレジットカードを使う度にクレジットカードの引き落とし口座にお金を振り込むようにしてください。そうすれば毎回お金を使ってしまったことを肌で実感できるはずです。
この方法でクレジットカードでの出費を管理すれば、無駄な買い物はしないようになります。
そうすればクレジットカードの良い部分をあなたのライフスタイルに取り入れることができるようになります。
クレジット払いはあくまでも決済方法の一つであるだけで、現金払いと同じと考えるようにしましょう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら