非常に多くのトレーダーはポジションに入った後ついつい価格の推移が気になりチャートに張り付き、一喜一憂します。
多くの場合、ポジションに含み益が出たらすぐに利益を確定したがり、含み損が出たらナンピンしたくなるか、損切りポイントに辿り着く前に売りたくなります。
このようにポジションに入った後に価格の動きを追い続けると、ついトレードに介入したくなってしまいます。
しかし、あなたはリスクとリワードをちゃんと考えた結果エントリーを決めたわけですから、途中で感情に任せてトレードに介入してはいけないわけです。
あなたがあらかじめ考えておいたターゲットか損切りポイントに辿り着くまでには時間が掛かります。
価格は一直線で一方向に向かうわけではないので、どうしても相場が動きたい方向に確実に動き始めるまでにはある程度の時間を要します。
もどかしいかも知れませんが、この時間はトレードの成り行きを相場が決めるために必要な時間と割り切るようにしてください。
この時間を待てないのならばそもそもエントリーするべきではありません。
ここは是非チャートを閉じて自分を信じてみてください。
エントリーしたら、何もしないということを実践してみてください。
何もしないことで利益を早く確定したり、損切りをあらかじめ決めたポイントより早く確定したり、むやみにナンピンしたりしなくなります。
すると、不思議なことに結果がうまくいったりします。
もちろんトレードは確率論に基づいたものなので負ける場合もありますが、それでも感情に任せて介入よりは結果が良くなるパターンが長いスパンでは増えるはずです。
逆に言うとプランになかったことをいきなり思いつきでやると失敗する確率が高まります。
せっかくリスク・リワードの比率が良いトレードに入ったのにもかかわらず、自らリスク・リワードの比率を下げてしまう行為をしてしまうわけですから、良いわけがありません。

結果論とそのときに正しい判断をしたかどうかは分けて考える

一番タチが悪いのは介入したときにたまたま利益に繋がった場合です。
本来なら結果論とそのときに正しい判断をしたかどうかは分けて考えなければなりません。
しかし、あなたが自らリスク・リワードの比率を悪くしてしまったトレードでたまたま利益を出してしまったら、途中で介入するのは良いことだと認知してしまうからです。
すると、別の機会で同じようにトレードに介入したときに結果がマイナスになってしまったと言うパターンに必ず遭遇します。
するとその次はどうやって対処すれば良いか全くわからなくなります。
なぜなら同じことをやって、あるときは褒められたけど、別の機会では殴られたという認知的不協和に陥ってしまうからです。
認知的不協和を解消するには、結果を切り離して考えるのが大切です。
その瞬間、瞬間にあなたは正しいことをしたのかどうか、それだけにこだわってください。
つまり、勝つ確率が明らかに高いトレード、または買ったときに得られる利益が負けたときの損失を大きく超えるトレードはエントリーして正解です。
それが結果として外れたとしてもあなたはエントリーしたことで正しいことをしたと理解してください。
各トレード毎の勝ち負けは関係ないのです。
このような高確率トレードだけを厳選してエントリーしていけば、長いスパンでは勝つことができるからです。