Categories: 暗号資産

私が暗号資産のトレードをおすすめする理由

今回はなぜトレードをするなら暗号資産にするべきなのかを解説していきます。

暗号資産の取引では現物をデジタル形式で保有できる

暗号資産の取引の基本は現物取引です。実物を取引するため、交換を前提としています。
対して法定通貨のFX取引は交換を前提とはしておらず、差金決済を前提としています。つまり、買ったら売る、売ったら買い戻すといったように、買いと売りがセットになってしまっているのです。
買いと売りがセットになってしまうとどうしても投資というより価格が上がるか下がるかを当てるゲームになってしまうのです。このように、トレードを価格当てゲームとして捉えてしまうと戦略の取り方が大きく変わってきます。
もちろん暗号資産でも信用取引はできますが、暗号資産の本当の素晴らしさは実は誰にも制限されることなく、現物をデジタル形式で持てる、しかもデータがブロックチェーンという分散化の技術で守られているところにあります。
法定通貨を銀行に預けておいたら、いつか預金封鎖やベイルインが起きてしまうかも知れません。外貨をタンス預金していたとしたら、それを将来国外に持ち出そうとしても、多くの税金がかけられてしまうので、実質目減りしてしまうことを避けることができません。また、資産を金(ゴールド)の延べ棒として保有し、それをどこかに行こうとしたら、空港や港で没収されてしまうかも知れません。
でも暗号資産として持っていたら大丈夫。現物なのに、デジタル、しかもブロックチェーンの力で守られているから、誰にも奪われることはないのです。自分で自分の資産を築き、守っていくのがこれからの未来なのです。これが「自分で自分の銀行になろう」の本当の意味です。

自己責任だけど、中央機関に依存しなくて良い。これは新時代の流れなのです。

発行者が存在するタイプの通貨(法定通貨はまさにそのタイプです)に全財産を置き続けることを選択した場合、自分の資産を誰かに託してしまう人生を歩み続けることになります。発行者のことを信じている場合は良いですが、発行者のことが信用できなくなってしまった場合、全財産を法定通貨だけで持っているのはリスクでしかありません。
また、法定通貨の世界で言えば、力を持った誰かが擬似的に、自由自在に円安・円高を作り出すことができますし、そういう世界でFXなどの差金決済取引をしていたら、負けるべくして負けてしまうことを理解しましょう。
法定通貨の世界にとどまって欲しい人は「暗号資産取引所ハッキングに遭う可能性があるため、ちゃんと法と規制でコントロールされた取引所で取引しましょう」と言うでしょう。しかし、それらの問題は非中央集権型取引所を利用すれば解決されます。
暗号資産の世界は進化がとても早いので、問題が存在したとしてもそれは恐るべきスピードで解決されていくわけです。人間は本来とても頭が良く、問題を解決する能力が備わっています。いままでの歴史を見ても、従来型の考え方を持つ人間にどれだけ足を引っ張られたとしても、人類は全体として着実に進化してきているわけです。
私は2014年から暗号資産を研究していますが、そのときに比べて暗号資産の浸透は着実に進んでいます。それはもう疑いようもない事実なのです。
ですから、あなたも視点をズームアウトして、大きな流れを掴み、大きな流れに沿う形で進むようにしましょう。わざわざ流れるプールを逆方向に向かって泳ごうとする必要はありません。流れと逆方向に泳ごうとすれば疲弊するだけです。

まとめ

資産を暗号資産に交換して、日々お金への考え方を磨いていけば、誰に何にも言われることなく、自分で自分の資産を現物として、デジタル形式でコントロールすることができるようになるのです。
暗号資産のトレーディングを今から始めるなら、bitFlyerでアカウント開設するのがおすすめです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら