トレーディングでは買うタイミングよりも売るタイミングの方がよっぽど難しいと私は思います。
なぜなら、買いは「順張り」か「逆張り」と言った戦略を徹底的に実践すれば、買うことには躊躇しないからです。
しかし、売るタイミングは段違いに難しいと違います。なぜなら、恐怖と欲と後悔が絡むからです。
多くの人は含み損が出てしまったら、「いつか戻るかも」と思い、売るのを我慢しますが、もし許容範囲を超えるロスが出てしまったら、怖くなって売ってしまいます。そのとき、大損が確定し、退場していきます。
これは恐怖に負けて、退場していくパターンです。
そして利益確定はもっとコントロールするのが難しいです。多くの人は含み益が出ていたら、売るのを躊躇してしまいます。なぜなら「利益を確定させたい」という氣持ちと「このまま持っていればもっと儲かるかも」という欲が戦ってしまうからです。
欲が出たら一生利益を確定することはできなくなります。「あと少し、あと少し」と一生言い続けてしまうからです。
どんなに利益を確定させるべきと頭では分かっていても、欲に負けてしまえば売るタイミングを逃してしまうのです。
一生価格が上がり続ける銘柄はないので、やがて価格が下がっていきます。あとから考えたときに「あのときに売っておけば良かった」と後悔しても後の祭りです。
後悔しているうちにさらに価格は下がり続けたら、今度は後悔の氣持ちが邪魔をして損切りを行えなくなります。
これが欲と後悔に負けて退場していくパターンです。
どちらもパターンもアカウントの残高を一発で吹っ飛ばすほどの力があります。
そのため、売りのタイミングを決めるには、正しい戦略が必要なのです。

己をコントロールするしか解決方法はない

そもそも、どんなプロでも最安値で買って、最高値で売るといったことは狙ってできるものではありません。
したがって、利益確定をするときは「もう十分」と割り切って売ることを決断することが大切です。そして、売った後に価格がさらに上がっていったとしても、氣にしないスタンスが必要です。
また損切りをするときも「もういらない」と割り切って売ることを決断することが大切です。損切り後に価格が上がっても、氣にしてはいけません。
上記のように考えられるようになるにはあなたが決めたルールを守ることがとても重要になります。
関連記事: ルールを守ることの重要性
そうやって恐怖、欲、後悔と言った感情を抑えることによって、あなたは売るべきときに売れるようになっていきます。
そして、売る回数を重ねていけばいくほど、売ることが自然に(自動的に)できるようになっていきます。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら