今日みたいに仮想通貨が暴落してるときにあたふたするのはもうやめにしませんか?

今日はそうなるための考え方を話していきます。

とにかく、上がっているときは「もっと上がるかも知れないから今は売れない」って思ってしまって売れない。

下がってる時は「もっと下がるかも知れないから今は買えない」って思ってしまって買えない。

じゃいつ買って、いつ売るんだよ?って話になります。

だから基本に立ち返る必要があるのです。

それは安い時に買って、高くなったら売るです。

安い時に買うには勇気がいります。なぜなら周りと逆のことをしているからです。

まるで、誰も傘をさしていないときに、自分が傘をさしはじめるときのような「恥ずかしさ」というか、「こいつ大丈夫か?」って思われていないか?と言った恐怖感に似ていますね。

だから勇気は必要なんです。

でも投資で利益を出すにはみんなと同じ動きをしていたら遅いのです。

鬼滅の刃で言えば、うろこだきさんが良くいう「判断が遅い!」ってやつですね。

だから、上がった時に、それが上がり途中だとしても一旦売って「法定通貨」にしておくことです。

もちろん、法定通貨が嫌だったら、バイナンスなどの取引所で「USDT(テザー)」や「BUSD(バイナンスUSD)」などの法定通貨にペッグした仮想通貨に変えておくのも良いです。

バイナンスへの登録はこちら↓

画像1

上がってる時に売れないなら、そのお持ちの仮想通貨を長期的に保有(年単位)する覚悟を持って、日々の価格をチェックすることをやめることです。

スイングトレード(数日、数週間単位でトレードを繰り返すこと)をするのなら、上がってる最中に、たとえそれが天井じゃなくても(天井かどうかを確認していたら迷いが発生してよろしくない)、売る勇気を持つことです。

そして、今日みたいなフラッシュ暴落の日が来るまで何もしないで待つのです。

で、今日みたいな暴落の日が来たら、手持ちの法定通貨や法定通貨にペッグした仮想通貨を使って、落ちている最中に(底を確認していたら、迷いが出るからよろしくない)買う勇気を持つことです。

で、また上がる日をひたすら待ち、このサイクルを繰り返すのです。

だからどうでも良い「草コイン」と呼ばれている仮想通貨ではこういうことはできませんね。

なぜなら、草コインは落ちたら戻ってくるまでに非常に時間がかかるからです。もしかしたら戻ってこないかもしれませんしね。

だから大穴な仮想通貨は狙わないことです。過去の自分に言いたいことがあるとしたらこれです。「大穴狙い、一攫千金狙いはやめろ」と言います。

だからある程度取引量の多い仮想通貨を選ぶのがコツです。

coinmarketcap.comで上位20位くらいまでの仮想通貨を選択すると良いですね。

もちろん自分で調べて、将来性がありそうだなとあなた自身が思える仮想通貨を選択するようにしてくださいね。

では健闘を祈ります。