アルトコインの知識

仮想通貨が世界に広まっていくための3段階

長期的にはFiat currencyへのペッグは見当違いな目標であるでも解説していますが、人がこの世界で本当の自由を手に入れるには国が刷る通貨に頼らなくても良いような世界を先に作らなくてはなりません。

これをいきなり達成することは難しいため、プロセスを数段階に分けていかなくてはならないと考えます。

今回は私が考える、仮想通貨が世界に広まっていくための3ステップを解説していきます。

1. まずはFiat Currencyの基軸通貨にペッグした通貨を作る

仮想通貨の素晴らしさをどんなに説明しても、多くの人は今まで慣れ親しんだFiat currency法定通貨)を絶対的に信じているため、最初はFiatと等価で換金できる安心感を与えなくてはなりません。

ペッグという形でFiat currencyとの為替レートを一定、またはほぼ一定に保つことが必要です。Fiatとしては米ドルにペッグするのが良いでしょう。

このステージでは同じような機能を持った類似通貨が多数出てくるので、その中でも特に優れたビジョンやマーケティング戦略を持つ開発チームを見つけ、一人一人のユーザーができる範囲でプロジェクトをサポートしていくことが必要だと考えます。

この段階でプロジェクトが頓挫する多くのプラットフォームは「scam coin(詐欺コイン)」と呼ばれながら、死んでゆくでしょう。

2. Decentralized exchangeを構築し、ユーザーベースを増やしていく

仮想通貨の世界で最も本質的なリスクはカウンターパーティ・リスクです。

ですから、仮想通貨のプラットフォームが浸透するか否かはカウンターパーティ・リスクをいかに分かりやすく取り除くことができるかにかかっています。

これを可能にするのがdecentralized exchangeです。

ステージ1で生き残ったプラットフォームはこのステージでそれぞれ独自のdecentralized exchangeの構築を狙ってきます。

そのため、マーケティングやユーザビリティの面で他を圧倒するプラットフォームが注目されていくことでしょう。ここでも多くのアルトコインが淘汰され、生き残るプラットフォームだけが自然に選択されていきます。

このステージではいかに早く、そして多くのユーザーを獲得できるかが大切です。言語などの参入障壁により、複数の勝者が出ることもあると思います。

3. Fiat currencyへのペッグから徐々に脱却していく

ユーザーベースをしっかり獲得し、クリティカルマス(結果を得るのに必要とされるユーザー数)を超えたら、プラットフォーム自体の価値が世間で認められることになります。

プラットフォームの価値が上がれば、プラットフォームが作り出すデリバティブ(派生商品)にもその力が伝わります。例えば、BitSharesネットワークの価値が上がれば、BTSBitShares内の通貨)そのものだけではなく、BitGoldなどのBitAsset流動性も飛躍的に上がり、現金と同じレベルで使用できるようになります。

昔々、米ドルは金本位制を止め、不換紙幣(ゴールドに交換できないお金)に切り替えたにも関わらず、信用だけで経済を成り立たせた歴史があります。

したがって、BitAssetのように信用ではなく、実際にコラテラルによりバッキングされた仮想通貨の人気に火がついたら、その広まり方は米ドルの比ではないでしょう。その後の世界は永久に変わります。

この時点でFiat currencyからの脱却が可能になるので、徐々にFiatをretireさせていくという形になるでしょう。

まとめ

一気に変化を望んでも、どうしても人々の間で浸透していかないので、このような複数の段階を経て、仮想通貨のプラットフォームが世界に浸透していくでしょう。

このような段階を経て、Fiatに頼らず、世界が回っていく日もそう遠くはないでしょう。

-アルトコインの知識