トレードの考え方の基本

会社のトイレに駆け込んでは仮想通貨のトレードをしていませんか?

会社のパソコンで仮想通貨のチャートを堂々と開きながら、板を凝視しながら、「やばい!」と思いながら、「ちょっとトイレに行ってきます!」と上司に言い放ち、トイレに駆け込んでは仮想通貨のトレードをしていませんか?

もしそんなことをしていたら、あなたは仮想通貨トレーダーとして末期症状ですので、今すぐにやめるようにしてください。会社のトイレでトレードをしている自分に気づいたら、それは「オーバートレード」している決定的証拠です。

オーバートレードを続けていると、取引手数料だけで資産は目減りし、買いなら「アスクで買っていること」、売りなら「ビッドで売っていること」を繰り返すだけでどんどん資産は削られていきます。

そもそも、仮想通貨にかかわらず、「デイトレード」をするのはやめましょう。例えるなら、その行為は会社に行きながら、カジノでパーっと散財しているようなものですので、絶対にやらないようにしましょう。一般の会社員が何も考えずにデイトレードを始めたら、破滅にまっしぐらです。

正しいトレードの方法

正しいトレードのやり方は、チャートを開く前にチャートの中に何を探しているのか、シグナルをあらかじめ知っておくことです。チャートを開いて、探しているものがなかったら、もうそこでチャートは閉じちゃってください。取引所のウェブサイトからも抜けちゃってください。(バッテンでウィンドウごと閉じちゃってください)

チャートを凝視していたら、シグナルが出ていないのに無理やりエントリーポイントやエクジットポイントを作ってしまうだけなので、チャートは一回確認したら、最低でも数時間以上は見ないことです。

恋愛で言えば、「恋人と会っていないときに相手への愛情が育まれていく」ように、「トレーダーはチャートを見ない間に資産が増えるための準備が整っていく」のです(爆)。ちょっと変な例えかも知れませんが、本当です。

チャートを見ないだけでオーバートレードを避けることができますし、物事を大局的に見ることができるようになるのです。

-トレードの考え方の基本