仮想通貨トレーディングのテクニック

BitUSDを買えば脳を騙せる?

ビットコインアルトコイン投資をしているときに、価格が下落してきたときにつなぎ売りをすれば、現物を保有したまま価値の目減りを防ぐことができると申し上げました。

ただ人によってはどうしてもつなぎ売りをすることができない人がいます。理由は「信用取引はどうしても苦手だから」とか「信用取引は金利がかかるから落ち着かない」とか「いつ両建てを外せば良いかが分からない」などが一般的だと思います。

そういう人はつなぎ売りではなく、BitUSDへの交換をおすすめします。

では、理由を解説していきます。

売りと買いの感覚が逆だから脳を騙すことができる(かも?)

つなぎ売りができない人がBitUSDに交換すると良い理由は何かというと、「信用取引ではなく現物取引である」ということと「買いから入れる」と言った特徴があるから、つなぎ売りとは違う「気分」を味わうことができるといったことが挙げられます。

BitUSDを買うとき、実際にはビットコインアルトコインを売ってしまっているのですが、気分的には「売ってしまった」という感覚より安定した通貨を「買ったような気がする」ので、脳を騙すことができますし、現物派の人にも適しているわけです。

また、利益確定の「売り」を躊躇してしまって、なかなか実行できないという人もBitUSDを買うことならすんなりとできるかも知れません。

「利食い千人力」とも言いますし、脳を騙しながら利食いができるようになったら、着々と利益を出せるようになる人も出てくるかも知れません。

売った後の虚しさがない、または少ない(かも?)

買いはじっくり時間をかけて買いますが、売りは一瞬です。売ったらそこで終わりなので売った後は虚しさを感じる人がいます。「売りは早かれ買いは遅かれ」という格言があるくらいです。

だからどんなにビットコインアルトコインに愛着を持っていても、利益を確定させるために法定通貨に戻したらそこで終わりですし、次回仮想通貨を買うまでは従来の金融システムに戻ってしまうわけです。

でもBitUSDに交換すればcryptospace(仮想通貨の空間)にいながらして、法定通貨の安定度を体験することができます。BitUSD自体が仮想通貨ですから、当然ですね。送金もウォレットからサクっとできますし、銀行に頼る必要もありません。

とにかく、cryptospaceから出なくて良いという安心感を味わうことができるだけで、「売った後の虚しさ」を味わなくても済むという方がいらっしゃるかも知れません。

そういう方は保有している仮想通貨がジリジリと価値を下げていてもどうしようもなく、泣く泣く塩漬けしていたという人も、今後はサクっとBitUSDに飛び移ることが「いきなり」できるようになり、いままでが嘘のように損失を限定させることが簡単にできるようになるかも知れません。

全てはあなたの解釈次第で変わってくるということですね。

まとめ

トレードをするときは感情的にならないように、「ニュートラルな気分」でいることが大切です。

つなぎ売りや利益確定の売りをすることでドキドキしたり、躊躇してしまうようなら、試しにBitUSDの買いをやってみて、どういう感情が心の中に湧いてくるかじっくりと観察してみると良いかも知れません。

安定した通貨に買いで入る行為はあなたに向いているかも知れませんし、向いていないかも知れません。もし上手くいきそうならそのまま続けてみて、もしムズムズするのなら諦めて元のやり方に戻せば良いと思います。

いずれにせよ、自分の脳を騙しながら、やるべきことを(余計なことを考えずに)実行できる可能性がありますから、試してみる価値はあるかも知れません。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-仮想通貨トレーディングのテクニック
-